ゴルフシューズ

ラウンドで足腰に異常が出る人はゴルフシューズが合っていないかもしれない?

ゴルフシューズの弊害解説、第1回です。

ラウンド中、足が痛くなったり、ふくらはぎがパンパンに張ったり、腰が痛くなったり、むちゃくちゃ疲れたりしませんか?

体力不足が原因かもしれません。

しかし、そもそもの原因としてゴルフシューズがあなたの足に合っていない可能性があります。

 

ゴルフシューズはとても大切な道具です

ゴルフシューズ選びにこだわりを持っていない人はとても多いと感じます。

ゴルフクラブ選びには、時間と知識を費やしてもゴルフシューズ選びには無頓着。

ゴルフシューズはゴルフのパフォーマンス向上に約立つし、ケガの予防の効果もあります。

そして、あなたの足に合っていないゴルフシューズの場合、ケガをする原因にもなります。

 

サイズが大きめだと、ふくらはぎがパンパンに張ってしまう

シューズが脱げないように、無意識に足で支えてしまう

あなたの足よりサイズが大きいゴルフシューズを履いてラウンドした場合、ふくらはぎが疲れてしまいます。

ラウンド中は、10kmちかく歩くことになります。

しかも、大半が傾斜地です。

ゴルフシューズのサイズが大きいと、シューズが脱げないように足首で支えながら歩くことになります。

その時に負担が掛かるのがふくらはぎです。

平地を歩くなら、そこまでの負担は掛かりませんが傾斜地を歩くとなると、ふくらはぎに掛かる負担は倍増します。

 

筋肉が張ってしまうと、スイングが乱れる原因に

ふくらはぎに限りませんが、パンパンに張ってしまったらもう普通にプレーするのは難しくなります。

後半、どんどんスイングが乱れていくでしょう。

 

紐やBoa(カチカチ)で締め付けても効果は薄い

靴紐やBoa(カチカチ)で強く締め付けると多少の効果は出ますが、基本的にはゴルフシューズのサイズの見直しをするべきです。

 

サイズが小さめだと、血マメが出来たり疲労骨折の原因になる

サイズが小さめの場合、大きな弊害が生じてしまいまいます。

つま先のどこかに大きな負荷がかかってマメができる

つま先がシューズと接触しているとマメができやすい

 

サイズが小さい場合、マメは必ずできるといえます。

足の形は人によって異なりますので、マメが出来る場所はさまざまですが、多いのが小指と親指です。

ツメがシューズと接触している場合、血マメができたり、最悪の場合は爪が剥がれることもあります。

テニス仲間のなかで、そういう事例が実際にありました。

ゴルフは、テニスほど激しいスポーツではありませんが、それでもラウンド中は10kmちかく歩くことになるし、斜面の上り下りは足に大きな負担が掛かります。

 

サイズが小さ過ぎると疲労骨折の原因にもなる

サイズが少し小さい場合はマメができる程度で済みます。

しかし、ゴルフシューズのサイズが小さ過ぎると疲労骨折の原因になります。

本当に足にぴったりのサイズを選ぶ人がいますが(店員が勧めてくる場合もある)、ゴルフシューズは必ず大きめのサイズを履くようにしてください。

実際の測定値より0.5cm~1.0cm大きいサイズが最適サイズになります。

かかと部分に指が1本入るくらいの余裕は絶対必要です。

 

あなたの足に合ったゴルフシューズは、パフォーマンス向上に大きく貢献する

ゴルフシューズが、あなたの足に合っていない場合の弊害を解説してきました。

あなたの足にぴったりなゴルフシューズを選ぶことができれば、ゴルフのパフォーマンス向上に大きく貢献してくれます。

・スイングの安定
・スコアアップ
・疲労の軽減
・ケガの予防
・上達のスピードアップ

ゴルフシューズの役割は非常に大きいです。

いままでゴルフシューズ選びにこだわっていなかったのなら、一度きちんと選んでみることをお勧めします。

 

 

筋トレゴルファーにおすすめのプロテイン

【筋トレゴルファー向け】プロテインおすすめ13選ゴルフのために筋トレをするならプロテインは必須です。

状況別・体質別におすすめのプロテインを紹介します。

  • 筋トレ初心者向け
  • アスリートゴルファー向け
  • 牛乳苦手・乳糖不耐症向け
  • ダイエットゴルファー向け

プロテインと合わせて飲んだ方がいい栄養素(ビタミン・ミネラル・アミノ酸・BCAA・HMB・クレアチンなど)も状況別に紹介しています。

【筋トレゴルファー向け】プロテインおすすめ13選
【筋トレゴルファー必見!】目的別プロテインおすすめ13選筋トレを始めるゴルファーに向けて、状況別・体質別におすすめのプロテインを紹介します。「筋トレ初心者向け」「ダイエットゴルファー向け」「牛乳が苦手な人向け(乳糖不耐症)」「アスリートゴルファー向け」それぞれで必要なプロテイン・栄養の種類は異なります。...