ゴルフシューズ

疲れにくい!ラウンド用ゴルフシューズおすすめ6選【Boa(カチカチ)タイプ】

ラウンド用ゴルフシューズおすすめ4選【Boaタイプ】

ラウンド用におすすめのゴルフシューズの紹介です。

 

今回は、Boa(カチカチ)タイプ・ソフトスパイクタイプのゴルフシューズを6つ紹介します。

・ゴルフシューズは、ソフトスパイクタイプをおすすめする理由。
ゴルフシューズのソフトスパイクタイプとスパイクレスタイプを比較する

・ゴルフシューズは、靴紐タイプをおすすめする理由。
ゴルフシューズのBoa(カチカチ)タイプと紐タイプを比較する

 

Boa(カチカチ)タイプのおすすめゴルフシューズ【2019年版】

  1. フットジョイ ドライジョイズプロBoa
  2. アシックス ゲルエース プロXBoa
  3. ナイキ ヴェイパープロBoa
  4. アディダス ツアー360XTツインBoa
  5. プーマ イグナイト パワーアダプト レザー
  6. キャロウェイ HYPERCHEV BOA

 

フットジョイ ドライジョイズプロ Boa

フットジョイゴルフシューズ:ドライジョイズフットジョイゴルフシューズ:ドライジョイズプロBoa

 

フットジョイはゴルフシューズシェアNo.1

フットジョイは、1857年にアメリカで誕生したゴルフシューズの老舗ブランドです。

1945年から70年以上もの間、PGAツアーのゴルフシューズ使用率No.1の座に君臨し続けています。

ゴルフシューズとしての機能はもちろん、デザインもシンプルで洗練されており、機能・人気を兼ね備えているブランドです。

当サイトでオススメしているゴルフシューズも、フットジョイD.N.Aのモデルを基準にして比較しています。

フットジョイ公式サイト

 

フットジョイ ドライジョイズプロBoaを勧める理由

ドライジョイズシリーズは、1989年に発売されてから約30年にわたってフットジョイの中心となっているモデルです。

ここ数年間は「D.N.A」ブランドとして展開されていましたが、2019年より「ドライジョイズ」として再展開されるようになりました。

フットジョイゴルフシューズ:ドライジョイズ2

ドライジョイズプロ2019の特徴は、

  • 「防水性」と「通気性」
  • 優れた「フィット感」
  • 足首・ソールの「ホールド感」
  • アウトソールの「グリップ力」
  • 「軽量性」「屈曲性」
  • 3種類のウィズ(足幅)を展開

防水性・通気性を両立しているドライジョイズプロ2019は、雨が多い日本の気候にマッチするゴルフシューズと言えます。

「フィット感」「ホールド感」「グリップ力」どれをとっても最高品質のゴルフシューズと言えます。

 

シューズの「フィット感」はやや固めです。

購入直後は不満があるかもしれませんが、使い続けていくうちに徐々に「馴染んできます」。

フィット感が固めのシューズは型崩れしにくく、長く愛用することができます。

ドライジョイズプロ2019は、「紐タイプ」「Boaタイプ」の両タイプがあります。

 

※ドライジョイズは店頭販売のみです。

3種類のウィズ(足幅)を展開しており、足のサイズを測定することを前提に販売していますので、ネットでの購入はできません。

最高品質のゴルフシューズでプレーしたい人は、「ドライジョイズプロ2019」をおすすめします。

【フットジョイ ゴルフシューズ 2019】おすすめ9選【2019年版】

 

アシックス ゲルエース プロX Boa

アシックスは日本国内の老舗シューズブランド

ノヴァク・ジョコビッチとアシックステニス世界ランク1位のジョコビッチ選手もアシックスと契約している

 

世界のスポーツシーンにおいて、アシックスの知名度は非常に高いです。

ゴルフシューズにおいてもアシックスの知名度は高いと言えます。

日本人の足型(ラスト)に合わせたシューズ作りをしているので、サイズ選びに迷うことがありません。

2019年現在、テニスの世界ランク1位であるノヴァク・ジョコビッチ選手もアシックスと契約をしています。

メジャーリーガーの大谷翔平選手やダルビッシュ有選手もアシックスと契約しています。

 

ゲルエース プロXはかかと・足首周りのホールド感が抜群

アシックスのゲルエースプロX

最近の流行になりつつある、かかと周りを包み込むようなシューズです。

シュータン(ベロ)部分と足首周りを低反発素材で一体化されています。

かかと・足首周りを包み込むような履き心地で、抜群のフィット感です。

 

ゲルエースプロXのBoaは逆回転で締め付け調整が出来る

逆回転で締め付けの調整ができるBoa

 

ゲルエース プロXに使用されているBoa(カチカチ)は、逆回転させることが出来ます。

Boa(カチカチ)を回して締め付け過ぎた場合、逆回転で調整することができます。

非常に便利な機能です。

アシックスのゴルフシューズの全てのモデルに搭載されているわけではありません。

ゲルエースプロXをおすすめする理由の1つです。

 

ゲルエースプロXは全体的にソフトな履き心地

ゲルエースプロXのアウトソールゲルエースプロXのアウトソール

 

松山英樹モデルのレジェンドマスター2と比べると、非常にソフトな履き心地でした。

アウトソールは、つま先部分に6本の放射線状の切れ込みを入れて力を均等に逃がす設計になっています。

ソフトスパイク特有のアウトソールの硬さは感じられず、柔らかく地面をつかめる感触でした。

インソールと足首まわりの低反発素材が一体となって、足全体をソフトに包み込んでくれます。

単に柔らかいだけでではなく、しっかりとホールドされます。

かかと・足首周りのフィット感は、他のゴルフシューズでは味わえない心地よさです。

フットジョイD.N.A(Boa)以上におすすめのゴルフシューズです。

 

アシックス ゲルエースプロXは大きめサイズがおすすめ

アシックスのゴルフシューズの特徴でしょうか。

購入する際は、いつもより1サイズ大きめをおすすめします。

私の場合、テニスシューズやスニーカーは27.5cmでぴったりですが、ゲルエースプロXは28.0cmがちょうどいいサイズでした。

27.5cmは、あきらかに小さかったです。

足の先端部分を絞っていることが原因のようで、購入される方はほぼ例外なく1サイズ大きめを選んでいるそうです。

【アシックスゴルフシューズ】おすすめ6選【2019年版】

 

ナイキ ヴェイパープロBoa

ナイキゴルフシューズ:ヴェイパープロナイキゴルフシューズ:ヴェイパープロ(写真は紐タイプです)

 

「ヴェイパープロBoa」は、ゴルフシューズの機能を維持しつつ価格を抑えたコスパの良いモデルです。

アッパー部分の防水性を高めており、梅雨の時期でも快適にプレーすることができます。

ナイキゴルフシューズ:ヴェイパープロ(ソール)ナイキゴルフシューズ:ヴェイパープロ(ソール)

 

シューズのフィット感は、「やや柔らかめ」です。

メッシュ生地のような柔なさではありませんが、合成皮革としては柔らかい部類に入ります。

購入直後から足に馴染んだ状態でプレーすることができます。

外観も、ナイキ特有のシンプルなデザインとなっていて、見た目も履き心地も馴染みやすいモデルとなっています。

※「ナイキ ヴェイパープロ」は、「紐タイプ」と「Boaタイプ」があります。

【ナイキゴルフシューズ】おすすめ5選【2019年版】

 

アディダス ツアー360XTツインBoa

アディダスゴルフシューズ:ツアー360XTツインBoaアディダスゴルフシューズ:ツアー360XTツインBoa

 

ツアー360XTツインBoaは、2つのBoaを採用してフィット感の向上を図ったゴルフシューズです。

2つのBoaを採用することによって、足の甲部分と履き口(足首)まわりを別々にホールドことができます。

前足部をしっかりホールドすることで、スイング中のパワフルなフットワークにも耐えられます。

また、足首周りを2つ目のBoaでホールドすることで、甲高の人でも快適なフィット感でラウンドすることができます。

アディダスゴルフシューズ:ツアー360XTツインBoa(ソール)アディダスゴルフシューズ:ツアー360XTツインBoa(ソール)

 

シューズの「フィット感」はやや固めです。

固すぎず柔らかすぎず、2つのBoaを使用することで快適なフィット感を実現しています。

しっかり足をホールドしたゴルフシューズを使用したい人は、「ツアー360XTツインBoa」がおすすめです。

【アディダスゴルフシューズ】おすすめ6選【2019年版】

 

プーマ イグナイト パワーアダプト レザー

プーマゴルフシューズ:イグナイトパワーアダプトプーマゴルフシューズ:イグナイト パワーアダプト

 

イグナイト パワーアダプト レザーは、アッパー部に天然皮革を使用しておりフィット感が高いゴルフシューズです。

メッシュ加工された天然皮革と洗練されたスタイリッシュなデザインが特徴です。

アッパー部分に使用されている天然皮革は、撥水加工と通気性を両立しており真夏のラウンドでも快適に使用することができます

プーマゴルフシューズ:イグナイトパワーアダプト(ソール)プーマゴルフシューズ:イグナイト パワーアダプト(ソール)

 

シューズの「フィット感」はやや固めです。

天然皮革を使用しているので柔らかめのフィット感ではありませんが、固すぎず柔らかすぎず快適なフィット感を実現しています。

天然皮革でスタイリッシュなゴルフシューズを使用したい人は、「イグナイト パワーアダプト」がおすすめです。

イグナイト パワーアダプト レザーは、「紐タイプ」と「ダイヤルタイプ」の2種類があります。

※イグナイト パワーアダプト レザーは、通常より1つ大きめのサイズをおすすめします。

【プーマ ゴルフシューズ】おすすめ4選【2019年版】

 

キャロウェイ HYPERCHEV Boa 石川遼モデル

キャロウェイゴルフシューズ:HYPERCHEV BOAキャロウェイゴルフシューズ:HYPERCHEV BOA

 

HYPERCHEV BOAは、2018年モデルよりアッパー部分を薄くして軽量化したゴルフシューズです。

軽量化することにより、長時間のラウンドでも快適にプレーできるように足元をサポートしてくれます。

アウトソールはパーツが島分けされ独立した構造で、スイング中の荷重や地面の傾斜状況に応じて力を分散し、グリップ力を高められるようになっています。

ソール部分は、シューズ内部と地面との距離が近くなるように低床設計されており、地面をしっかりグリップする感覚を得られ高い安定感をもたらしてくれます。

キャロウェイゴルフシューズ:HYPERCHEV BOA(ソール)キャロウェイゴルフシューズ:HYPERCHEV BOA(ソール)

 

シューズの「フィット感」はやや固めです。

固すぎず柔らかすぎず、足の甲を「面」でホールドしてくれる設計で快適なフィット感を実現しています。

軽量で足をしっかりホールドしてくれるゴルフシューズを使用したい人は、「HYPERCHEV BOA」がおすすめです。

【キャロウェイ ゴルフシューズ】おすすめ5選【2019年版】

 

ラウンド用ゴルフシューズは「ソフトスパイク」「紐タイプ」がおすすめ

冒頭でも言いましたが特別な理由がなければ、ゴルフシューズは「ソフトスパイク」「紐タイプ」をおすすめします。

今回は、どうしてもBoa(カチカチ)タイプが良い!という人向けにBoa(カチカチ)タイプのおすすめシューズを紹介しました。

 

グリップ力が強いソフトスパイクタイプ

ソフトスパイクタイプのメリットは、圧倒的なグリップ力にあります。

プロゴルファーがスパイクレスタイプを履いているのは、強靭な足腰があるから。

一般のゴルファーにスパイクレスはオススメできません。

ゴルフシューズのソフトスパイクタイプとスパイクレスタイプを比較する

 

足をしっかりフィットさせるなら、紐タイプ

今度は逆になりますが、プロゴルファーのほとんどは「紐タイプ」のゴルフシューズを使用しています。

足の形にしっかりフィットさせるためには、「紐タイプ」じゃないとダメなのです。

この点は、一般のゴルファーも真似するべきです。

ゴルフシューズのBoa(カチカチ)タイプと紐タイプを比較する

紐タイプは、履いたり脱いだりが面倒ではありますが、慣れれば全く問題ありません。

正しい紐の結び方ができていれば、緩む心配もありません。

紐タイプのゴルフシューズ、結び方とほどき方の正しい方法

 

機能を十分にみたしているゴルフシューズは、2万円がボーダーライン

ゴルフシューズに対する知識が不十分だと、ついつい安いシューズを手にとってしまいます。

2万円以上するゴルフシューズを購入する気にはならないかもしれません。

しかし、ゴルフシューズとしての機能を十分に満たしているモデルは、ほぼ2万円以上の価格帯になります。

2万円を下回ると、どこかの機能が省略されています。

 

通常の使い方をしていれば、5年以上は使用することも可能です。

何度も試着して、納得のいくゴルフシューズを購入してください。

 

フットジョイ ドライジョイズプロBoa

※店頭販売のみ

アシックス ゲルエースプロX
ゴルフクラブを安く買う方法
【ゴルフクラブを安く買う】楽天ポイントを年間10万Pt貯める方法

 

ゴルフは何かと出費がかさみます。

「楽天ポイント」を賢く貯めることができれば、ゴルフクラブはもちろんゴルフボール・ゴルフシューズなど用具に掛かる費用を大幅に削減することができます。

楽天ポイントを年間10万Pt以上稼ぐ方法を紹介します。

おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】
おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】