ゴルフスイングの基本

ゴルフスイング【ダウンスイング後半の基本 #3】4スタンス理論のタイプ別の特徴

ダウンスイングの基本#3

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、インパクトの瞬間の身体についての解説でした。

【ダウンスイング後半の基本 #2】インパクト瞬間の形

 

今回は、4スタンス理論のタイプ別特徴ついての解説です。

※4スタンス理論のタイプ診断はこちらから

【4スタンス理論の基本 #1】1人で簡単にできるタイプ判別方法

 

4スタンス理論のタイプ別のインパクトゾーン

【ダウンスイング前半の基本】でも解説しましたが、インパクトの入射角の違いやインパクトからフィニッシュにかけての動きのイメージをしっかり持つことが大切です。

A1タイプのインパクトゾーン

A1タイプのインパクトイメージ

 

A1タイプは、フォロー重視のゾーンで打つタイプ。

左足と左手の動きを意識して、左股関節の前でインパクトを迎えます。

A1タイプの特徴として、フォローが長いことがあげられます。

インパクト後にボールを押し込むイメージを持つとスムーズなフィニッシュが取れます。

 

A2タイプのインパクトゾーン

A2タイプのインパクトイメージ

 

A2タイプは、フォロー重視の点で打つタイプ。

左足と左手の動きを意識して、左股関節の前でインパクトを迎えます。

A2タイプの特徴として、鋭角にクラブが降りてきて点でボールを捉えることになるので、力強いインパクトになる反面、ミスも多くなることが挙げられます。

インパクトゾーンを長くするためには、ダウンスイングでの捻転差が必要になってきますが、A2タイプのスイングは捻転差が大きくなると力が伝わりにくくなります。

少しだけダウンスイングで溜める(捻転差をつくる)意識を持てば、インパクトでのミスを減らせます。

捻転差を作り過ぎないように注意してください。

 

B1タイプのインパクトゾーン

B1タイプのインパクト

 

B1タイプは、インパクト重視の点で打つタイプ。

右足と右手の動きを意識して、右股関節の前でインパクトを迎えます。

B1タイプの特徴として、点でとらえてフォローも短いインパクトになります。

当てたら終わりの淡白なインパクトイメージです。

A2タイプ同様、捻転差を作り過ぎないように注意してください。

 

B2タイプのインパクトゾーン

B2タイプのインパクトイメージ

 

A1タイプは、インパクト重視のゾーンで打つタイプ。

右足と右手の動きを意識して、右股関節の前でインパクトを迎えます。

B2タイプの特徴として、インパクトゾーンが長いこと。

ゆったりとしたインパクトイメージです。

 

インパクトのイメージを持って、ヘッドを走らせる

インパクトのイメージを持つことができれば、ヘッドを走らせる感覚もつかめます。

ヘッドを走らせて、クラブをしっかり振り抜くインパクトを身に付けましょう。

ヘッドを走らせる感覚は、素振りの方がわかりやすいです。

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。