アドレスの基本

ゴルフスイング【アドレスの基本 #4】ボールとの距離の取り方

アドレスの基本#4

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、パワーポジションの構えについての解説でした。

【アドレスの基本 #3】パワーポジションって知っていますか?

 

今回は、正しいアドレスの取り方と、ボールとの距離の取り方についての解説です。

  • スタンス幅に合わせて、パワーポジションを取る
  • 腕をだらんと垂れ下げる
  • そのままの姿勢でクラブを握る
  • ヘッドの位置が、正しいボールの位置
  • 実際のアドレスでは、順番を逆にする

 

3STEPでボールとの距離を合わせる

STEP1 スタンス幅に合わせてパワーポジションを取る

スタンス幅・パワーポジションについての詳しい解説はこちらから

【アドレスの基本#1】スタンス幅の基準は腰幅

【アドレスの基本#3】パワーポジションの構えとは?

 

STEP2 腕をだらんと下げて、地面と垂直にする

アドレスの取り方#1腕を脱力させて下ろすと地面と垂直になる

 

STEP3 腕を垂らした状態で、クラブを握る

これで、正しいアドレスが完成します。

このときのヘッドの位置が、正しいボールの位置になります。

つまり、ボールとの距離の取り方は、正しいアドレスが出来ていることが前提となります。

 

ボールとの距離で悩んだときは、正しいアドレスが取れているかを意識してください。

 

アドレスを取るときは、順序を逆にする

1.ボールの後ろに立って、打つ方向の確認

飛球線方向の確認飛球線方向の確認

 

アドレスを取る前の大切な行動。

どこに向かって打つのか、飛球線方向の確認です。

確認したら、飛球線方向にまっすぐ立ちます。

 

ごくごく簡単なことですが、習慣化されていないと忘れてしまいます。

 

2.クラブヘッドのソールを合わせる

打つ方向が定まれば、次はクラブのソールを合わせます。

地面とソールの関係#1先を少し浮かせる

 

ソールをぴったり地面に付けるのではなく、先(トゥ側)を少し浮かせます。

 

地面とソールの関係#2ウェッジの場合は、状況によってぴったり付けても良い

 

ウェッジで軽く打つ場合はぴったり付けても良い。

※通常のスイングスピードの場合は、ぴったり付けない。

 

地面とソールの関係#3浮き過ぎはダメ

 

4スタンス理論でクロスタイプ(A1・B2)の人は、懐を深くしようとしてヘッドの先(トゥ側)を浮かしすぎる場合があります。

浮かし過ぎには注意してください。

 

3.フェイスの向きを飛球線方向に合わせる

ソールを合わせたら、次はフェイスの向きを飛球線方向に合わせます。

これで、ボールとクラブの位置関係が定まります。

ボールとフェイスの向き#1フェイスの向きを飛球線方向に合わせる

 

フェイスが打つ方向に対してまっすぐになるよう合わせます。

 

ボールとフェイスの向き#2右に向いている

 

ボールとフェイスの向き#3左に向いている

 

 

4.パワーポジションを取り、クラブを握る

ボールに対してクラブをセットできたら、クラブにカラダの位置を合わせます。

  • クラブを持ったまま、パワーポジションを取る
  • 腕をだらんと下げる
  • クラブを握る

 

注意する点は、腕を脱力して地面と垂直に保つことです。

アドレスと腕の間違った関係#1腕が近い

 

脇を締めることに意識し過ぎると、腕がカラダに近くなってしまいます。

アドレスと腕の間違った関係#2腕が遠い

 

フトコロを深くしようとすると、腕がカラダから遠くなってしまいます。

 

腕に力が入ると、ボールとの距離はすぐにズレる

腕を脱力させて地面と垂直にアドレスを取ることができても、スイング中に腕に力が入ってしまうとボールとの位置関係が崩れます。

正しいボールとの距離をキープするためにも、スイング中は腕に余分な力を入れないように注意してください。

【腕の使い方の基本#1】正しい腕の動かし方

 

ボールとの距離とライ角の関係

身長が高い場合は、ライ角調整をおすすめ

身長が高すぎる場合、うまくアドレスが取れないことがあります。

その場合は、ライ角調整することをお勧めします。

国内向けのゴルフクラブは、男性用で165cm~170cmを基準に作られていると言われています。

女性の場合ははっきりとしたデータが見つからないのですが、おそらく155cm~160cmくらいを基準にしていると思われます。

これらの基準から10cm以上の身長差がある場合は、アドレスがうまく取れないことが多いと思いますので、ライ角調整をしたほうが良いでしょう。

 

正しいアドレスは、ゴルフシューズから

正しいスタンスを取り、正しいスイングをするためには、ゴルフシューズ・靴下の機能性も大切になってきます。

足元を支え、大きなパワーを生み出すためのゴルフシューズ・靴下選びも重要になってきます。

ゴルフシューズの選び方・試着方法

サポーター機能で疲れを軽減させるゴルフ用靴下の選び方

ゴルフシューズ・靴下は、あなたのスイングを足元から支えてくれる大切な道具です。

 

ボールとの距離の取り方は正しいアドレスから

腕やクラブだけを動かして、ボールとの距離を合わせようとしないこと。

正しいアドレスを取れれば、おのずとボールとの距離も定まります。

 

初心者の人ほど、アドレスに対して無頓着です。

スイングを気にする前に、アドレスを気にする習慣を付けることができれば、スイングの安定につながります。

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。