ゴルフスイングの基本

1ヤードアプローチの練習方法【自宅でショートアプローチ上達】

1ヤードアプローチの練習方法

5yや10yのショートアプローチが苦手な人は多いと思います。

池越え・バンカー越えのアプローチも難しいショットの1つです。

今回は、ショートアプローチを上達させるための「1ヤードアプローチの練習方法」を紹介します。

自宅で「1ヤードのアプローチ練習」をすることが、ショートアプローチを上達させる近道です。

ショートアプローチのポイント

・ソールを滑らせる感覚

・フェース面でボールを転がす感覚

 

ショートアプローチの基本は2種類

ショートアプローチの打ち方は大きく分けて2種類あります。

  • パッティングと同じ打ち方
  • 通常のスイングと同じ打ち方

 

パッティングと同じ打ち方

1ヤードアプローチの練習方法①

パッティングと同じ打ち方は、文字通りパターをウェッジに持ち替えるだけです。

球筋は、ラン・ピッチ&ランなど、転がし主体のアプローチになります。

フェアウェイ、グリーン手前の花道、グリーンのエッジからなど、使える場面は限られます。

アプローチが苦手な人・安全第一に考える場合などは、無理せずパターを使うような状況での打ち方です。

パッティングと同じ感覚なので、比較的早く習得できます。

 

通常のスイングと同じ打ち方

通常のスイングと同じ打ち方は、一般的なショートアプローチの打ち方と言えます。

  • ややオープンスタンス
  • 下半身と肩の回転で打つ
  • 手首は使わない

球筋は、スピンを効かせたロブショット・ピッチショットになります。

池越え・バンカー越え・深いラフからなど、使える場面は多いです。

使用する場面が多く、傾斜やラフの具合にも大きく左右されるため、求められるショットのバリエーションが多くなります。

バンカーショットも、基本動作は同じです。

 

1ヤードアプローチを身に付けるドリル

室内でも練習できるように、1ヤードのアプローチを身に付けるドリルを紹介します。

※パッティングと同じ打ち方は省略します。

ソールを滑らせる感覚を身に付ける

1ヤードアプローチの練習方法①

まずは、ソールを滑らせる感覚を身に付けます。

アドレスの状態からバックスイングは取らずに、ソールを浮かすことなくまっすぐ50cmくらい滑らせます。

手打ちスイングになっていたり、手首をこねる動きが入ると、ヘッドの軌道は曲がります。

手首は使わず、まっすぐヘッドが滑るように身体を動かしてください。

 

フィニッシュでソールを浮かせる

1ヤードアプローチの練習方法③

ソールを滑らせる動き・感覚が分かったら、最後にソールを少しだけ浮かせます。

ショートアプローチのフィニッシュです。

フェースは上を向いたまま(アドレスからフェースの向きは変えない)の状態が正しいフィニッシュです。

 

ボールを転がす感覚を身に付ける

1ヤードアプローチの練習方法④

次にボールを転がす感覚を身に付けます。

先ほどと同様に、ボールをセットした状態から50cmほどソールを滑らせます。

ボールを転がしながら、フェースをまっすぐ滑らせるようにします。

1ヤードアプローチの練習方法⑤

少し勢いを付けてソールを滑らせると、ボールはフェースを転がって後方に落ちます。

この動きができると、1ヤードのショートアプローチはほぼ習得したといえます。

  • ソールを滑らせる
  • フェース面でボールを転がす

この2つの感覚を身に付けることがショートアプローチ上達の秘訣です。

ボールを打つよりも、ボールを転がす練習をしたほうがショートアプローチ上達の近道です。

 

小さくバックスイングをとって素振り

1ヤードアプローチの練習方法⑥

最後に、小さくバックスイングを取ればショートアプローチの完成です。

ボールをダイレクトに打とうとするのではなく、「ソールを滑らせる感覚」「フェース面でボールを転がす感覚」を持って素振りをしてください。

 

実際にボールを打つ

1ヤードアプローチの練習方法⑦左は室内練習用ゴルフボール

 

最後に、実際にボールを打つ練習をします。

室内練習ではトップしたら危険なので、慣れるまでは室内練習用のボールを使用することをおすすめします。

室内練習用ゴルフボール

実際のボールを打つ場合は、1ヤードにこだわる必要はなく50cmくらいボールを転がすところから始めます。

慣れてくれば、しっかりとしたスイングでスピンを効かせた1ヤードのアプローチが打てるようになります。

 

1ヤードアプローチ練習の注意点

安全を確保する

1ヤードアプローチに慣れるまでは、何度もミスショットをします。

ボールが勢いよく飛んでしまっても大丈夫なように、周囲の安全には十二分に注意してください。

 

手打ちに注意する

練習を繰り返していると、必ず「手打ち」スイングになってしまいます。

下半身の動き・肩の回転の動きを意識して、手打ちスイングにならないように注意してください。

 

ショートアプローチのイメージを間違えない

1ヤードアプローチの練習方法⑧

「ボールを浮かせよう」「ダウンブローで打つ」という意識があるとショートアプローチはミスをする確率が高くなります。

「ソールを滑らせる」「フェース面でボールを転がす」意識を持って練習してください。

ヘッドの軌道は、楕円ではなく、地面を這うような直線をイメージします。

楕円軌道をイメージしたアプローチは、トップ・ダフりの原因になります。

 

自宅でゴルフを上達させるにはコチラ

自宅でゴルフを上達させる練習メニュー10選

おすすめの動画レッスン
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

 

スポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

 

メルマガ登録で、体験版レッスン動画が視聴できます!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちらから
WEB講座【ゴルフスイング物理学】の評判とおすすめする4つの理由

おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】
おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】