ストレッチ&トレーニング

ゴルフの室内練習やストレッチにおすすめの便利グッズ

室内練習用便利グッズ

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、自宅や室内で素振り練習やストレッチ・トレーニングをする際に使用すると便利なグッズを紹介します。

  • ジョイントマット
  • 人工芝
  • 練習用ボール
  • パターマット
  • バランスボール

 

室内練習用便利グッズ#1 ジョイントマット

ジョイントマット

ジョイントマットは、本来は小さなお子様がいらっしゃる家庭向けのアイテムです。

ゴルフの室内練習やストレッチ・トレーニングに欠かせないアイテムです。

ジョイントマット11つの大きさは、30cm×30cm

 

  • ストレッチマットの代わり
  • 素振りをする時、クッションになる
  • ベアグラウンドを想定した素振りができる
  • パターマットを上に置くと、ボールの転がりがなめらか
  • 値段が安い

ストレッチマット(ヨガマット)の代わり

ストレッチマット(ヨガマット)

室内でストレッチをするとき、床が硬いと身体が痛くなります。

ヨガなどで使用するストレッチマット(ヨガマット)は小さいのが欠点です。

室内にジョイントマットを多めに設置すれば、余裕を持って室内トレーニングができます。

 

人工芝で素振り練習をしても、音と衝撃を吸収してくれる

人工芝ジョイントマットの上に人工芝を置く

 

フォーム改善中の素振り練習に「ダフり」は付き物です。

室内で素振り練習をしていてダフった時、音と衝撃をすべて吸収してくれます。

室内練習でフローリングや絨毯を傷つけることも無いし、マンション暮らしなら下の階への騒音も緩和してくれます。

 

室内練習用のボールで、ベアグラウンドを想定できる

ジョイントマット3室内練習用のOPボールでベアグラウンドを想定した練習

 

ジョイントマットの上に室内練習用のOPボールを置くと、ベアグラウンドからのショットを想定した練習ができます。

ダフっても少し凹むだけで、時間が経つともとに戻ります。

 

パターマットを置くと、ボールの転がりがリアルになる

アプローチ練習グリーンエッジからのアプローチ練習も想定してできる

 

室内でパター練習をする際、フローリングの上にパターマットを置いて練習するとボールの転がりが早く感じてしまいます。

室内に敷いたジョイントマットの上でパター練習をすると、下が柔らかいので転がりがなめらかになります。

また、人工芝とパターマットを組み合わせると、室内でグリーンエッジからのアプローチを想定した1y~2yほどのアプローチ練習ができます。

 

※室内で本物のボールを使用する場合は、器物破損に注意してください

 

一番の魅力は、値段が安いこと

ジョイントマットは、1畳(18個)分で1000円ほどです。

これはヨガマットとは比較にならない安さです。

私は60個使用して、部屋全体にジョイントマットを敷いています。

ヨガスクールに通うならヨガマットは必要ですが、自宅・室内向けの場合はジョイントマットの方が便利だと言えます。

 

バランスボール

バランスボールは、室内トレーニングの必須アイテムとなりつつあります。

バランスボールを使ったトレーニングメニューは非常に豊富で、使い方次第でさまざまな鍛え方ができます。

バランスボールトレーニング競馬の騎手のトレーニング

 

バランスボールの究極のトレーニング。

競馬の騎手はバランスボールの上に乗って静止するというトレーニングを行います。

バランス感覚を極限まで高めることができるトレーニングです。

※室内で転倒すると非常に危険ですので、お勧めはしません

 

バランスボール30cmと70cmのバランスボール

 

大きなバランスボールが1つあれば十分ですが、小さいバランスボールも重宝します。

また、固定リング付きだと、収納が便利になります。

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。