Q&A

ダウンスイングで「タメ」を作る方法。下半身リードで切り返すポイントは2つ

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、ゴルフスイングの解説でよく耳にするテーマ「タメを作る」についての解説です。

ダウンスイングで、腕とシャフトがL字になる方法も合わせて解説します。

 

ゴルフスイングにおける「タメ」とは何なのか

タメの作り方の解説の前に、少しだけ。

ゴルフスイングにおける「タメ」とは何なのか。

ゴルフスイングにおける「タメ」について考える

「タメ」って、何なんでしょうね・・・

 

雑誌やレッスン動画では、さまざまな解釈でさまざまな解説がされています。

ゴルフスイングにおける「タメ」の定義なんてありません。

それぞれの指導者が、それぞれの解釈で「タメ」について解説しているのが現状です。

 

テニスにも野球にも「タメ」は存在する

実は、テニスにも野球にも「タメ」という言葉は存在します。

私は、野球の経験は無いですが、テニスはもう25年もやっています。

テニスとゴルフの「タメ」は分かります。

 

・上半身と下半身の動きのタイムラグ

 

という表現が正しいような気がします。

もちろん、下半身の動きが先です。

トップの位置から下半身は始動しているのに、上半身はまだ動いていない。

下半身は加速しているのに、上半身はゆっくり始動したばかり。

このわずかな時間差を「タメ」と呼んだらいいと思います。

そして、「タメ」をつくることに慣れてくると、この時間差をコントロール(可能な限りためる)することで、スイングをコントロールします。

 

上半身の動きをなるべく遅らせる。

この、「遅らせる」という感覚が「タメ」という表現になっていると考えられます。

 

世界のホームラン王「王貞治」選手から「タメ」を学ぶ

世界のホームラン王、「王貞治」さんが自身のバッティングについて解説している動画です。

この動画の中で、「タメ」について語っている部分があります。

野球のバッティングですが、ゴルフに共通した話が多いです。

※王貞治選手は、4スタンス理論では「A2タイプ」です。

私もA2タイプなので学ぶことが多かったといえますが、基本的な身体の使い方については全てのゴルファーに共通しています。

 

「タメ」をつくれるようになると、スイングをコントロールする楽しみが増える

「タメ」をつくれるようになると、

「あ!これがタメという感覚か!」

と嬉しくなります。

「タメ」をつくる。上半身をなるべく遅らせるようにする感覚。

これでスイングをコントロールできるようになります。

 

腕とシャフトをL字にすることを意識しても、タメは作れません。

本当の、「タメ」の作り方について解説していきます。

 

ゴルフスイングで「タメ」を作るためには、股関節の動きが絶対に必要

トップの位置で、右股関節の内旋運動ができていることが条件

「タメ」をつくるには、右股関節の内旋運動が必須

 

ゴルフの解説では語られることはありませんが、「タメ」を作るために一番大切なことは、股関節の動き(内旋運動)です。

この動きがないと、スイングに「タメ」を作ることは絶対にできません。

「タメ」を作るには下半身リードで!と言われます。

そして、下半身リードでスイングするためには、トップの位置で股関節の内旋運動ができている必要があります。

【股関節の使い方の基本 #2】内旋運動の動かし方

 

余談ですが、テニスでも野球でも同じです。

私がテニスを始めて数年が経った頃、「タメ」を作りなさいと言われるようになりました。

しかし、どんなに頑張っても「タメ」はできません。

スイングに「間」をつくることは分かっているのですが、「間」ができません。

結局、テニスで「タメ」が作れるようになったのは、下半身の動きを意識するようになった時でした。

つまり、股関節の内旋運動を意識するようになってからです。

股関節の動きを意識すれば、すぐに「タメ」のあるスイング(テニスの)が出来るようになりました。

 

ゴルフスイングでも同じです。

どんなに上半身を遅らせてスイングしようとしても、股関節の内旋運動が伴っていないと下半身リードのスイングはできません。

下半身の動きが正しく出来ていないと、必ず上半身からダウンスイングが始まります。

ゴルフスイングで「タメ」を作るためには、股関節の動きが必須なのです。

 

トップの位置から、下半身だけを始動する

下半身リードについて

下半身リードとは、どういうことか?

・トップの位置からの切り返しで、下半身から動き始めること。

・下半身の動きが常に先行していること。

常に下半身の動きがリードしていることが重要で、難しい動きでもあります。

「タメ」を作ったままインパクトを迎えるためには、常に下半身の動きがリードしていることが重要です。

 

下半身リードのポイントは2つ。

下半身リードのスイングをするためのポイントは2つです。

1.トップからの切り返しは、股関節から始動する

2.股関節の動きに合わせて、背骨(体幹)を側屈させる

この2つのポイントが下半身リードのスイングの起点になります。

切り返しで、股関節と背骨を動かしただけでこの形になる

 

1.股関節から始動。骨盤を左にスライドさせる動き

股関節の動きは、骨盤の動きとも言えます。

※「骨盤」という表現を使うと、意識が「腰」にいってしまうことが多いので、「股関節」という表現を使います。

トップで右の股関節の内旋運動がMAXになっているので、切り返しでは右の股関節の内旋運動を開放します。

分かりやすく言うと、右足で地面を蹴る動きです。

右足で地面を蹴ることから切り返しを始めることが、結果的に下半身から始動することになります。

見た目は、骨盤を左にスライドさせる動きになります。

【股関節の使い方の基本 #2】内旋運動の動かし方

 

2.股関節の動きに合わせて背骨(体幹)を側屈させる

右足で地面を蹴り、切り返しで股関節だけを動かすと、頭が動きます。

頭の位置をキープするために、背骨(体幹)を右に側屈させます。

腕はいっさい動かしません。

見た目には、腕も大きく動いていますが意識して動かす必要は無いです。

背骨(体幹)を右に側屈させると、右肘が脇の横まで降りてきます。

このとき、右肘の位置だけ気を付けてください。

背骨(体幹)を右に側屈させ、右肘の位置だけ気をつける。

この動きをしてはいけない

 

背骨(体幹)を左に回転させる動きをしてはダメです。

必要な動作は、背骨(体幹)を右に側屈させるだけです。

【背骨(体幹)の使い方の基本 #2】側屈は頭を動かさない為に必要な動作

 

「タメ」ができると、上半身が引っ張られるような感覚になる

股関節と背骨(体幹)の側屈の動きだけでこの形になる

 

股関節と背骨(体幹)の側屈の動きだけで、一般に言われている「タメ」の状態が完成します。

「タメ」の状態では、上半身・左腕が右側へ引っ張られるような感覚になります。

上半身・右腕を、身体の右側に残すと表現されることもあります。

 

そして、トップの位置から腕・手首を動かしていなければ、腕とシャフトはL字になっているはずです。

ここからインパクトゾーンに向けて、右手首のヒンジの開放を行うだけです。

 

次回は、腕とシャフトがL字になる方法について解説します。

無駄な動きが無ければ、自然にL字になるのですが・・・・

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。