Q&A

誰でも分かる!パッシブトルク打法の原理をどこよりも詳しく解説

パッシブトルク打法#1

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、パッシブトルクについて解説します。

  • パッシブトルクの原理
  • パッシブトルクは必ず発生する
  • パッシブトルクには、プラスとマイナスの向きがある
  • TOPプロは、プラスの向きを最大化している

 

パッシブトルクとは?発生する原理は簡単

パッシブトルクとは、どういう力か

英語でPassive(パッシヴ)Torque(トルク)と表記します。

  • Passive:受動的な
  • Torque:回転する力

パッシブトルクとは、「勝手に回る力」と要約できます。

 

身体の動きに関係なく、ゴルフクラブが勝手に回る力が生まれることです。

勝手に回る力を活かすスイングが、パッシブトルクを使ったスイングになります。

 

パッシブトルクとは、誰もが知っている「あの動き」

パッシブトルク1勝手に回る力

 

写真のようにヘッドを立てると、ゴルフクラブはクルッと回転します。

これがパッシブトルク(勝手に回る力)です。

ヘッドの重心がシャフト軸からズレている為に発生する力で、テニスラケットや野球のバットにパッシブトルクは存在しません。

パッシブトルクは、ゴルフクラブだけの特徴と言えます。

 

パッシブトルクは、必ず発生する

パッシブトルクは必ず発生する力です。

パッシブトルクを特別なスイングでのみ発生する特別な力だと勘違いしている人がいますが、それは間違いです。

プロゴルファーでも、初心者ゴルファーでも、ゴルフクラブを振ればパッシブトルクは必ず発生します。

パッシブトルクが必ず発生するように設計されているのがゴルフクラブです。

重心深度・重心角度が大きければ、発生するパッシブトルクも大きくなります。

 

パッシブトルクの使い方

パッシブトルクは、プラスの向きとマイナスの向きがある

パッシブトルク3フェースが閉じる向きがプラス

 

パッシブトルクには、回転の方向が存在します。

  • フェースが閉じる回転:プラスの方向
  • フェースが開く回転:マイナスの方向

ゴルフスイングは、パッシブトルクがプラスの向きに発生させる事が大切です。

プラスの向きに発生するように身体の動きをコントロールすることが、正しいゴルフスイングと言えます。

 

初心者ゴルファーは常にマイナスの向き

パッシブトルク4マイナスの向きだと力が伝わらない

 

初心者ゴルファーや常にスライス回転のボールを打ってしまう人は、パッシブトルクがマイナスの向きに発生するスイングをしています。

飛球線方向に対してマイナスの向きに力が働きますので、インパクトでボールに当たり負けをして飛距離を大きくロスする結果になります。

  • トップでのシャフトクロス
  • ダウンスイングでフェースが被る
  • インパクトでフェースが開く

これらの症状は、全てパッシブトルクがマイナスの向きに発生していることと関連します。

マイナスの向きに発生したパッシブトルクに抵抗するために、腕に余計な力を入れるクセが身に付く原因にもなります。

個別に問題解決するのではなく、パッシブトルクがプラスの向きに発生するようにスイングを見直すことが、初心者ゴルファーやスライサーの問題解決の糸口になります。

 

上級者ゴルファーはプラスの向き

パッシブトルク5ボールを押すことが出来る

 

上級者ゴルファーは、パッシブトルクをプラスの向きに発生させるスイングを身につけています。

パッシブトルクがプラスの向きに発生すると、インパクトでフェースターンが自然に行われます。

腕に力を入れる必要もありません。

上級者がクルッとアームローテーションしているのは、プラスの向きに発生したパッシブトルクのおかげであって無理やり腕を回しているのではありません。

 

世界のトッププロはプラスの向きを更に大きくしている

パッシブトルク6大きな力でボールを押せる

 

世界のトッププロは通常発生するプラスの向きのパッシブトルクを更に大きくするようなスイングをしています。

一般的に言われている「パッシブトルク打法」は、パッシブトルクを大きくするスイングのことです。

PGAツアーのほとんどの選手は、パッシブトルクを大きくして飛距離アップにつなげています。

 

パッシブトルクの原理は、初心者こそ知ってほしい

パッシブトルクにはプラスの向きとマイナスの向きがあること。

万年スライスを撲滅のために、初心者に必要不可欠な知識です。

スライスの根源的な原因は、パッシブトルクがマイナスの向きに発生していることです。

パッシブトルクをプラスの向きに発生するように意識しながらスイングを修正することが大切です。

 

通常のスイングとパッシブトルク打法の違い

トップの位置で、パッシブトルクはゼロになる

パッシブトルク2通常のスイングでは、トップの位置でパッシブトルクがゼロになっている

 

通常のスイングだと、トップの位置でヘッドは真下を向きます。

ヘッドが真下を向いているということは、パッシブトルクはゼロということです。

 

通常のパッシブトルク通常のスイングだと、ここからパッシブトルクが発生する

 

通常のスイングの場合、ダウンスイングの後半(写真のタイミング)からパッシブトルクが発生します。

このとき、ヘッドが立っていないとプラスの向きのパッシブトルクは発生しません。

写真のタイミングで、ヘッドが寝ているとパッシブトルクはマイナスの向きに発生してしまいます。

 

トップの位置でフェースを開くだけでいい

パッシブトルク8シャフトを開くことで、パッシブトルクが生まれる

 

通常のスイングでは、ダウンスイング後半からパッシブトルクが発生します。

トップからの切り返し、ダウンスイング前半まではパッシブトルクはほぼゼロの状態です。

 

トップの位置でヘッドのフェースを開くことによって、切り返しの動きからパッシブトルクが発生するようになります。

ちなみに、トップの位置でフェースが閉じていると(シャフトクロス)、マイナスの向きにパッシブトルクが発生してしまいます。

トップでフェースを開いていれば、切り返しからパッシブトルクが発生しますので、インパクトでは通常のスイングより大きなパッシブトルクが発生することになります。

 

  • 通常のスイング:ダウンスイング後半からパッシブトルクが発生する
  • パッシブトルク打法:切り返しからパッシブトルクが発生する

 

まずは、通常のスイングでパッシブトルクがプラスの向きに発生させることを心がけましょう。

トップから切り返しでフェースを開く動きは、それほど難しくはありませんが、通常のスイングが正しく出来ていないとスイングが乱れる原因になります。

 

パッシブトルクに関する簡単な解説はここまでです。

ここから先は少し深掘りした内容を解説します。

 

パッシブトルクを大きくする方法

トルク(回転する力)は軸方向の力に比例する

パッシブトルク9シャフトを引っ張る力が大きいほどパッシブトルクも大きくなる

 

一般的にトルク(回転する力)は、回転軸方向に加わる力の大きさに比例します。

ゴルフクラブの場合、シャフト方向に大きな力が加わるとパッシブトルクは大きくなります。

つまり、パッシブトルクを大きくする方法は、シャフト方向に大きな力が加わるスイングをすることです。

 

パッシブトルクを大きくする方法は2つ

  1. シャフトを引っ張り続ける
  2. スイングスピードを上げる

シャフトを引っ張り続けるとは、トップからフィニッシュまで同じ力で引っ張り続けることです。

同じ力で引っ張り続ける為には、手首を加速さる動きが必要になります。

スイング中の手首が動くスピードが一定の場合、同じ力で引っ張り続けることはできません。

また、強い力で一瞬だけ引っ張ることではありません。

強い力で一瞬だけ引っ張ると、その瞬間にパッシブトルクが発生してしまいインパクトでパッシブトルクを使うことができなくなります。

パッシブトルク10遠心力と同じ力でシャフトを引っ張る力が生まれる

 

スイングをすると、ヘッドには遠心力が生まれます。

同時に、遠心力と同じ力がシャフトを引っ張る力として生まれます。

スイングスピードを上げると遠心力も大きくなり、シャフトを引っ張る力も大きくなります。

 

肩の円運動で手首を加速させる

肩の円運動首の根っこを軸にした回転(円運動)

 

首の付け根を軸にした円運動が出来ると、ダウンスイングで手首を加速させ続ける動きが容易になります。

肩の円運動2ダウンスイングでは右半分だけを回転させる

 

ダウンスイングからフィニッシュの動きの中で、右半分だけを回転(右肩甲骨の外転)させます。

この動きがスムーズに行われると、ダウンスイングで肩がクルッと周り手首を加速させながらフィニッシュまでスイングできます。

肩の円運動3フィニッシュまで手首を加速させる

 

手首を加速させ続ける動きが、シャフトを引っ張り続けることになります。

意識してシャフトを引っ張ろうとしないように注意してください。

腕でシャフトを引っ張ろうとすると、腕が下半身を追い抜いてしまい手打ちスイングになります。

手首を加速させながら、手首を軸にした円運動をおこなうとスイングスピードは一気に上がります。

シャフトを引っ張り続ける事と、ヘッドスピードを上げる事は別々に考える必要は無く、1つの動きで両立させることができます。

【肩甲骨の使い方#3】肩をクルッと回転させる方法
【ダウンスイング後半の基本#1】ヘッドを走らせる方法
【フィニッシュの基本】正しいフィニッシュがゴルフスイングの基本

 

パッシブトルクに関する間違った認識

腕を真下に下ろす、シャフトを寝かせる意識は必要ない

一般的に解説されているパッシブトルク打法

  • 腕を真下に下ろす
  • 切り返しでシャフトを寝かせる
  • 重力(自由落下)を利用する

このような解説が目立ちます。

トップの位置でフェースを開いてスイングすると、確かに上記のようなスイングに見えますが、意識するポイントがそもそも間違えています。

腕を真下に下ろす動きや、シャフトを寝かせようとする動きは、無駄な動きを加える事になり スイングが乱れる原因になります。

トップでフェースを開くだけでパッシブトルク打法は完成します。

ダウンスイングでは通常と同じ動きをするだけです。

 

重力(重力加速度)の影響はほとんどゼロ

パッシブトルク打法の解説のなかで、重力・自由落下・サイクロイド曲線など重力に関する記述もよく見られます。

ゴルフスイングの運動系のなかでは、重力(重力加速度)の影響はほとんどありません。

ゼロではありませんが、無視できるレベルの小さな力です。

パッシブトルクは、自然に発生する力であって、重力の影響を受けて発生する力ではありません。

 

パッシブトルク打法の解説では、とにかく下に下にの意識が強く、出来るだけシャフトを寝かせてスイングすることがパッシブトルク打法のように定義されていますが、下に動かす意識は捨ててもらって大丈夫です。

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。