Q&A

ダウンスイングで、腕とシャフトがL字になる打ち方

ダウンスイングで、腕とシャフトがL字になるための打ち方

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、ダウンスイングにおいて腕とシャフトがL字をつくる打ち方についての解説です。

前回の「タメ」をつくるスイング解説の続き(補足)解説になります。

ダウンスイングで「タメ」を作る方法。トップから下半身リードで切り返すポイントは2つ

 

L字を作ることを目的にしてはいけない。正しいスイングをすれば勝手にできる

お手本のようなL字

 

腕とシャフトがL字をキープしたままのダウンスイングはかっこいいです。

アマチュアとプロの大きく異なる点でもあります。

前回の「タメ」の解説でも述べましたが、下半身リードの動きが出来ればこのL字の状態は自然にできます。

決して、意識してL字を作ろうとしている動きではありません。

 

ダウンスイングでL字ができるためのポイント

まず、ダウンスイングでL字ができるためのポイントをまとめます。

1.下半身リードのダウンスイングで「タメ」をつくる動き

2.腕・手首はトップの位置の状態をキープ

3.手首のコックだけを意識しない。右手のヒンジ(背屈)を意識する。

この3つが出来れば、L字ダウンスイングは完成します。

 

1.まずは、下半身リードで「タメ」をつくるダウンスイング

下半身リードのダウンスイング。

これは、アマチュアゴルファーにとっての永遠のテーマでもあります。

 

これができれば、「タメ」のあるダウンスイングをおこなうことができます。

詳細は、前回の解説でおこなっていますので、参照してください。

ダウンスイングで「タメ」を作る方法。トップから下半身リードで切り返すポイントは2つ

・股関節を使う(右足で地面を蹴る動き)。股関節(骨盤)の動きからダウンスイングを始動させる

・背骨(体幹)を右に側屈させ、前傾姿勢と頭の位置をキープする

・腕や手首は動かさず、側屈にあわせて右肘を身体に引き寄せる

L字をつくるためのポイントと同じと言えば同じです・・・。

 

2.腕・手首は、トップの状態をキープする

やってはいけないこと「腕を振る」

ダウンスイングでやってはいけないことが、「腕を振る」ことです。

腕を振る行為が、ダウンスイングの全てを破壊することになります。

腕・手首は、トップの状態のまま何もしない。

ダウンスイング前半(切り返し)は、股関節と背骨(体幹)を動かすことだけに集中してください。

 

「ボールを打つ」という意識が、腕を振る動きにつながる

腕を振るなといっても、振ってしまいます。

その原因は、「ボールを打つ」という意識です。

ボールを打とうと思うと、無意識に腕を動かしてしまいます。

ものすごく矛盾することですが、「ボールを打つ」という意識を捨ててボールを打ってください・・・。

 

3.L字を作ろうとして、手首のコックだけを意識しない

トップの位置で、L字は完成している

トップでL字ができているのだから、そのままの状態をキープすれば良い

 

トップの形トップでできたL字をキープするだけ

 

トップの位置で、腕とシャフトのL字は完成しています。

そのままの状態でダウンスイングに移れば良いだけです。

それが出来ないということは、腕や手首を無駄に動かしているということになります。

 

左手首はコック、右手首はヒンジの動き

両方の手首でコックの動きをしてもL字はキープできません。

右手首はヒンジの動きが必要です。

肘を引き付けながら、この状態をキープする

 

右ヒジを身体に引き付ける

右腕は外旋運動をキープ

右手首はヒンジをキープ

L字とは関係ないような動きですが、これでしっかりL字はキープされます。

 

左腕はヒジを真っ直ぐ、左手首はコック

 

左腕は、ヒジを伸ばしたまま

左手首はコックの動き

 

腕を動かしていないのにL字が崩れる原因

腕は振っていない、動かしていないのにL字が崩れることがあります。

考えられる原因は2つ

・腕の力を抜き過ぎ

・肩周りの柔軟性が低い(筋肉が固い)

ダウンスイングの動きの中で、腕の状態をキープすることは、意外と難しいのです。

 

クラブの力に負ける原因、力を抜き過ぎ?スイングがおかしい?

腕の力を抜き過ぎて、クラブの重さ・遠心力・トルクに負けることがあります。

このクラブの力に負けると、ヘッドが下がってしまいます。

かといって、クラブを支えようとして腕に力を入れ過ぎてもダメです。

 

それから、正しいスイングをしているとクラブに下向きの力はかかりません。

クラブの力に負けて、ヘッドが下がる(腕が下がる)のは、切り返しのスイング軌道がズレている可能性もあります。

【ダウンスイング前半の基本 #1】切り返しでの身体の使い方

 

腕の状態をキープするには、柔軟性も必要

また、トップの腕の状態をキープしたままダウンスイングを行うことは、肩周りの柔軟性も必要です。

特に右肩周りの筋肉が固い場合は、負担がかかる場合があります。

右肩周り、腰・脇腹周りの柔軟性が必要

 

右腕の外旋運動と、右手首のヒンジをキープさせたままダウンスイングにはいる動きは、意外とキツい姿勢でもあります。

さらに、前傾姿勢をキープするために、腰周りの筋肉の柔軟性も必要です。

筋肉量よりも、柔軟性が問われるのがダウンスイングの動きです。

 

腕だけで、L字をつくる練習は絶対やってはいけない

L字をつくるスイングを身に付けるために、腕を左右に振る練習があります。

これは、絶対にやってはいけない練習です。

 

そもそも、ダウンスイングでは腕を振ってはいけないのに、L字をつくる為に腕を振るとか本末転倒です。

腕を振る練習は、特にフォローの動きに大きく悪影響がでますので注意してください。

と言うより、腕だけを振る練習は絶対やらないでください。

 

次回は、インパクトゾーンの動きを身に付ける練習を解説します。

腕を振らない素振り練習の解説です。

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。