フィジカルトレーニング

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング

アマチュアゴルファーにとって難しい動きの1つが「インパクトでボールを押し込む」動きです。

インパクトでボールを押し込む動きができれば、綺麗なフィニッシュを取ることができます。

【ゴルフスイングの基本動作を身につける為のコンテクスチュアルトレーニング】

今回は、インパクトでボールを押し込む動きを身につける為のトレーニングメニューを紹介します。

 

コンテクスチュアルトレーニングで用意するもの

2リットルのペットボトル

2リットルのペットボトル

約2kgの重量が筋肉に与える刺激は、スイング中の負荷に近いので正しい動作を身につける手助けになります。

手ぶら・クラブを持った場合、腕や肘に余計な動きが入りやすくなるのでおすすめしません。

正しい動きが身についてから、手ぶら・クラブを持って練習してください。

 

肘固定ベルトかボール

ゴルフスイングの基本動作を身につける上で大切なのが右肘の動きです。

スイング中は、常に体の正面に右肘をキープさせなければいけません。

右肘の動きだけを意識するより、両肘を絞り込むような動きを意識すると良いです。

右肘を体の前にキープするだけの簡単な動きですが、初心者には非常に難しい動きになります。

道具を使って動きの感覚を身につけることをおすすめします。

肘固定ベルト

初心者ゴルファーには、肘を固定するベルトをお勧めします。

非常に窮屈な動きに感じてしまうと思いますが、ゴルフスイングの基本動作を身につける上では大切な動きです。

 

バランスボール

ある程度グルフスイングに慣れてきた人には小さめのバランスボールをお勧めします。

両肘を内側に絞る動き・感覚を身につけることが出来ます。

 

肘固定ボール

「パーフェクト ローテーション」は上級者にお勧めです。

両腕に挟むボールが小さいので、両肘をしっかり絞り込まないと正しいスイングができません。

 

 

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるドリル

インパクトでボールを押し込む動きとは?

非常に大切なポイントは、「フィニッシュで力を出し切る」ことです。

アマチュアゴルファーの多くは、インパクトで力を出し切るスイングをします。

インパクトで力を出し切っているので、ボールを押し込む力は残っていません。

まずは、インパクトからフィニッシュにかけて一気に力を出し切る意識を持ってください。

全身の筋肉をバネのように使って、瞬間的に力を出す動きが必要です。

 

ハンドファーストインパクト

ハンドファーストインパクトを身につける為のコンテクスチュアルトレーニング②

インパクトでボールを押し込む為には、ハンドファーストインパクトが出来ていることが条件になります。

トップからの切り返しで、「右手のリリースを我慢」「捻転差のリリースを我慢」「フェースの向きがスクエア」この3つの動きが出来ていることが条件になります。

(前回の解説:ハンドファーストインパクトを身につけるコンテクスチュアルトレーニング

ハンドファーストインパクトが条件

 

右手でボールを押し込む

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング①

切り返しで我慢してきた右手を、インパクトで一気にリリースします。

インパクトの瞬間、右手(右肘・右手首)が曲がっていたら、しっかりボールを押し込むことができます。

右手を一気にリリースする

 

捻転差のリリース(肩の回転)

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング②

切り返しで作った「タメ(捻転差)」も、インパクトで一気にリリースします。

ポイントは、しっかり肩を回転させること。

腕の動きだけを意識しいたら、しっかりボールを押し込むことが出来ず正しいフィニッシュを取ることができません。

肩をしっかり回転させて、捻転差も一気にリリース

 

ヒップターン

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング③

「右手のリリース」「捻転差のリリース」この2つの動きと同時に、ヒップターンの動きも取り入れます。

インパクト前後でヒップターンの動きは止まってしまうと、必ず手打ちスイングになってしまうので注意してください。

ヒップターンの動きも忘れずに

 

素振りでボールを押し込む動きを再現する

手ぶらで素振り

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング④

手ぶら素振りで意識することは2つ

  • 右手をまっすぐ伸ばすこと
  • 左手は真上にあげること

左手を真上にあげる動きは、飛球線方向へしっかり振り抜く動きに繋がります。

肩の回転に合わせて、左手はまっすぐ上に挙げる動きを覚えてください。

 

クラブを持って素振り

最後に、実際にクラブを持って動きを再現します。

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング⑤

切り返しで溜めた力を出し切るのは、フィニッシュの瞬間です。

実際にクラブを持ってスイングをすると、インパクトからフィニッシュにかけて大きな遠心力が生まれます。

遠心力は身体を引っ張る力であり、スイングを大きく乱す原因になります。

遠心力に負けないように、インパクトからフィニッシュまで一気に力を出し切る意識を持って素振りをしてください。

フィニッシュで力を出し切る意識が、インパクトでボールを押し込む動きに繋がります。

 

フィニッシュの間違った動き

右手が下がっている

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング⑥

フィニッシュでは、右手(肘)を肩の高さまで挙げます。

多くのアマチュアゴルファーは、右手が下がったフィニッシュを取っています。

フィニッシュで右手が下がっていると、どうしてもカット起動のスイングになってしまうので注意してください。

右手(肘)は、肩の高さまで挙げる

 

カット起動

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング⑦

フィニッシュで右手が低いと、必ずカット起動のスイングになります。

飛球線方向へスイングすることで、ボールを押し込むことができます。

遠心力に逆らいながらのスイングになるので、非常に難しい動きなので反復練習をして体に覚えさせてください。

ヘッドは飛球線方向へ押し出す

 

ボールを押し込む動き まとめ

インパクトでボールを押し込む動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング⑤

インパクトでボールを押し込むためには、フィニッシュの瞬間に力を出し切る意識が大切です。

  • インパクトで右手をリリース
  • インパクトで捻転差もリリース
  • ヘッドは飛球線方向へ押し出す

切り返しで我慢してきた力を、インパクトからフィニッシュにかけて一気にリリースします。

インパクトで力を入れる意識があると、正しいフィニッシュを取ることができません。

全身の筋肉を使って、フィニッシュで力を入れられるように練習してください。

右手・捻転差をリリース

ヘッドは飛球線方向へ押し出す

フィニッシュで力を出し切る

 

コンテクスチュアルトレーニングの参考書籍

コンテクスチュアルトレーニングは、まだ日本では馴染みの薄いトレーニングメニューです。

本記事は、下記の書籍をもとにしてゴルフスイングに特化したメニューを私自身が考案したものです。

内容が難しいので、一般のアマチュアゴルファーにはお勧めしません。

指導者の方には是非とも読んで欲しい1冊です。

ゴルフクラブを安く買う方法
【ゴルフクラブを安く買う】楽天ポイントを年間10万Pt貯める方法

 

ゴルフは何かと出費がかさみます。

「楽天ポイント」を賢く貯めることができれば、ゴルフクラブはもちろんゴルフボール・ゴルフシューズなど用具に掛かる費用を大幅に削減することができます。

楽天ポイントを年間10万Pt以上稼ぐ方法を紹介します。

おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】
おすすめする4つの理由と評判は?
動画レッスン【ゴルフスイング物理学】
おすすめする4つの理由と評判は?