身体の使い方の基本

ゴルフスイング【手首の使い方の基本 #4】正しい手首の動きは、正しい身体の使い方から生まれる

手首の使い方の基本#4

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、間違った手首の動きについての解説でした。

【手首の使い方の基本 #3】左手首のコックの動かし方

 

今回は、手首の使い方のまとめです。

  • 左手首はコック、→手首はヒンジの動き
  • 左手首の背屈、右手首の掌屈はNG
  • 手首の角度は気にしなくて良い
  • 手首の動きばかり気にしてはいけない

 

ゴルフスイングにおける手首の動きは、「コック」「ヒンジ」の2通り

ゴルフスイングでは、「コック」「ヒンジ」の2通りの手首の動きがあります。

一般的に言われている手首の動きは「コック」のみですが、重要なのは「ヒンジ」の動きです。

1.「コック」の動き = 手首のとう屈・尺屈の動き

親指側に曲げる、とう屈の動き

 

小指側に曲げる、尺屈の動き

 

ゴルフスイングにおける「コック」の動きは、とう屈の動きを指す場合が多いです。

当然、とう屈の動きをすれば、その動作を戻す尺屈の動きも入ってきます。

 

ゴルフスイングにおける問題点は、コックの動きだけを意識すると、スイングが乱れてしまう原因になることです。

 

2.「ヒンジ」の動き = 手首の掌屈・背屈の動き

ゴルフスイングで重要な役割をしているのが、手首のヒンジの動きです。

この動きを意識すると、スイングに無駄な動き・力みが無くなります。

手の甲側に曲げる、背屈の動き

 

手のひら側に曲げる、掌屈の動き

 

インパクトゾーンにおける右手首の掌屈の動き(手のひら側に曲げる動き)は、手首をこねるうごきになりますので注意が必要です。

 

スイング中の手首の動き

ゴルフスイングの中で、手首の使い方をまとめます。

1.アドレス時の手首の角度は気にしない

デシャンボーのアドレス

 

フィル・ミケルソンのアドレス

 

アドレス時の手首の角度(腕とシャフトの角度)を気にする人がいます。

クラブのライ角や、その人の体型・体格によって変化するものなので、気にする必要はありません。

 

また、インパクト時にアドレスと同じ手首の角度でないといけないと言われます。

これも、気にする気にする必要はありません。

インパクト時の手首の角度は、手首だけを気にしても修正できるものではないからです。

股関節、背骨(体幹)、肩甲骨、腕、ヒジ、これらの動きが正しければ、インパクト時の手首の角度はアドレス時と同じになります。

 

2.トップの位置では、左手首は真っ直ぐ、右手首はヒンジの動き

左手首は真っ直ぐ。右手首はヒンジ。

 

トップの位置では、

・左手首は真っ直ぐ

・右手首はヒンジの動きを意識する

この2つの動きが基本です。

 

左手首を掌屈させても良い。

 

ダスティン・ジョンソン選手のように左手首を掌屈させる動きが入っても大丈夫です。

この動作のメリットは、切り返しでパッシヴトルクの力が生まれます。

デメリットとして、ボールが掴まりやすくなるため、引っ掛けしやすくなります。

 

左手首の背屈の動きはNG!

 

トップの位置で、左手首を背屈させる動きはNGです。

シャフトクロスの現象が起きます。

また、インパクトゾーンにおいて正しいフェイスローテーション(アームローテーション)ができなくなります。

手首の「コック」の動きを意識し過ぎると、左手首が背屈してしまう場合がりますので、右手首の「ヒンジ」の動き(右手首の背屈)を意識してください。

 

どうしても、左手首が背屈してしまう場合は、グリップがズレている可能性が高いです。

もう一度、グリップを見直してみてください。

 

3.インパクトゾーンでは、右手首のヒンジの開放

キャメロン・チャンプのヒンジ開放のタイミング

 

インパクトゾーンでは、右手首のヒンジの開放を意識するだけです。

この右手首のヒンジ開放のタイミングが遅ければ遅いほど、ヘッドスピードは上がります。

 

右手首のヒンジ開放の動きが出来るようになると、ヘッドのフェイスローテーションが自然に行われるようになります。

ゴルフクラブの、遠心力・トルクの力が自然に引き出されるので余分な動きが不要になります。

 

初心者ゴルファー、一般のアマチュアゴルファーが出来ない動きの1つが右手首のヒンジの動きです。

フック・ドローボールが出るようになれば一人前と言いますが、それは右手首のヒンジの動きが出来るようになることと繋がります。

 

スイング中の手首の間違った動きは、身体の使い方の間違いが原因

インパクトで伸び上がると、右手首を「こねる」動きが出てしまう。

 

インパクトゾーンで、右手首のヒンジを開放する動きはインパクトのタイミングを取りやすくするメリットもあります。

しかし、身体の使い方を間違っていると、うまくボールをヒットできません。

おそらく、空振りやトップが増えると思います。

 

1.切り返しは、必ず下半身リード

トップの位置から切り返しをおこなうとき、必ず下半身から動き始めてください。

股関節の動きを意識します。

ダウンスイング中は、常に下半身の動きが先行します。

下半身の動きに、ほかの身体の動きが連動することになります。

 

この下半身リードの動きができないと、アドレス時の前傾姿勢をキープできません。

前傾姿勢が崩れると、伸び上がりのスイングになります。

伸び上がった状態で、右手首のヒンジ開放の動きをすると空振りやトップをしてしまいます。

 

まず、股関節の動きを再確認して、しっかり下半身リードのスイングが出来るようにしましょう。

【股関節の使い方の基本 #2】乗せ方、入れ方、動かし方

 

2.インパクトまで前傾姿勢をしっかりキープするためには、背骨(体幹)の側屈が重要

下半身リードで切り返しを始めたら、次に背骨(体幹)の側屈の動きが重要になります。

この動きが出来ていないと、頭の位置が不安定になります。

アドレス時の前傾姿勢をキープできなくなります。

前のめりのスイングにもなります。

右手首のヒンジ開放どころではなくなります。

【背骨(体幹)の使い方の基本 まとめ】側屈は頭を動かさない為に必要な動き

 

3.肩甲骨・腕・ヒジの使い方が間違っていると、ダフりやトップの原因につながる

インパクトゾーンにおいて、腕の動きは重要です。

腕の動き1つでスイングは大きく変わってしまいます。

ただし、注意して欲しいことは、「腕の動きを意識し過ぎないこと」です。

正しい腕の動きは重要ですが、注意するポイントは限られています。

・肩甲骨から始動

【肩甲骨の使い方の基本 #2】肩甲骨の動かし方、使い方

・ヒジを始点にして腕を動かす

【肘の使い方の基本】肘は腕の動きをコントロールする

・右腕の外旋の動きをキープする

【腕の使い方の基本 #3】右腕の動かし方

 

腕の動きが間違っている状態で、右手首のヒンジ開放の動きをすると右手首を痛める可能性があります。

ダフったときに、衝撃がすべて右手首に集まりますから注意してください。

 

手首の動きは重要だけど、手首だけを意識しても改善はしない

右手首のヒンジ開放を正しく行うためには、身体の使い方をただしく行う必要があります。

どんなに手首の使い方を解説したとしても、身体の使い方を間違っていたら修正は不可能です。

修正できたと思っても、必ずスイングは崩れてしまいます。もしくは元通りのスイングに戻ります。

 

正しい身体の使い方を身に付けて、

正しい手首の使い方を練習してください。

 

[/box06]

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。