身体の使い方の基本

ゴルフスイング【手首の使い方の基本 #3】左手首のコックの動かし方

手首の使い方の基本#3

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、スイング中の右手首のヒンジの動きについての解説でした。

【手首の使い方の基本 #2】右手首のヒンジの動きでスイングは激変する

 

今回は、左手首のコックの動かし方についての解説です。

  • 左手首は、コックの動きだけで良い
  • トップで、甲側に曲げる動きは絶対にしてはいけない
  • インパクトは、軽く手のひら側に曲げると良い
  • 左手首は、能動的に動かさない方が良い

 

左手首はコックの動きだけで十分

トップでの左手首の動きトップで左手首はまっすぐ伸ばす

 

バックスイングからトップ 左手首はまっすぐ伸ばす

左手首をまっすぐ伸ばそうという意識は必要ありません。

コックを入れようという意識も必要ありません。

右手の外旋の動き、左手の水平挙上の動きに合わせていれば、左手首は自然とコックの動きが入ります。

 

バックスイングでコックを入れるタイミングは人それぞれ

ジョン・ラーム選手のコックを入れるタイミングコックを入れるタイミングが遅いジョン・ラーム選手

 

ジョン・ラーム選手は、コックを入れるタイミングが遅いです。

左手が地面と平行になったくらいからコックの動きが入ります。

 

キャメロン・チャンプ選手のコックを入れるタイミングは早いコックを入れるタイミングが早いキャメロン・チャンプ選手

 

キャメロン・チャンプ選手は、コックを入れるタイミングが早いです。

バックスイングの始動とほぼ同時にコックの動きが入り始めています。

 

左手首のコックを入れるタイミングは、人それぞれ。

コックを入れるタイミングが遅いスイングを「ノーコック打法」と呼ぶ人がいますが、ゴルフスイングでコックの動きは必ず入ります。

ノーコックという表現に惑わされないように注意してください。

 

左手首を甲側に曲げる「背屈」の動きは絶対にやってはいけない動き

左手首の背屈の動きこの動きは絶対NG

 

トップの位置で、左手首が甲側に曲がる「背屈」の動きは絶対にNGです。

この動きが出てしまう原因は、2つ。

  • 左手首に力が入っている
  • 正しいグリップで握れていない

左手首をまっすぐ伸ばそうという意識が、結果的に甲側に曲がる原因になることもあります。

左手首の力をゆるめるとダメですが、必要以上に力をいれないことが大切です。

 

また、どうしても左手首が甲側に曲がってしまう人は、正しいグリップで握れていません。

左手のグリップを見直す必要があります。

 

左手首のコック以外の動き

左手首は基本的にコックの動きだけで十分ですが、手のひら側に曲げる「掌屈」の動きを取り入れることもあります。

左手首の掌屈の動き1 トップ

ダスティン・ジョンソン選手の左手首の動き(トップ)左手首を手のひら側に曲げる「掌屈」の動き

 

ダスティン・ジョンソン選手のトップの姿勢。

左手首が大きく手のひら側に掌屈しています。

この動きは、右手・右肩・右肩甲骨の柔軟性が必要な動きです。

左手首の動きだけ意識しても、このトップの姿勢をつくることは難しいです。

 

左手首の掌屈の動き2 インパクト

キャメロン・チャンプの左手首の動き(インパクト)インパクトで左手首を軽く掌屈させる動きは取り入れても良い

 

キャメロン・チャンプ選手のインパクト。

左手首が軽く掌屈してインパクトを迎えています。

インパクトの瞬間は、左手首をまっすぐ伸ばす意識よりも、写真のように軽く掌屈させる意識を持ってスイングする方がインパクトでしっかりボールを打てます。

極度に掌屈させるとダメですが、左手首を軽く掌屈させる意識は持っておいたほうが良いです。

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。