身体の使い方の基本

ゴルフスイング【手首の使い方の基本 #2】右手首のヒンジの動かし方

手首の使い方の基本#2

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、ゴルフスイングで使う手首の動きについての解説でした。

【手首の使い方の基本 #1】ヒンジとコックの2通りの動きがある

 

今回は、ゴルフスイング中の右手首のヒンジ・背屈の使い方を中心に解説します。

  • 右手の外旋の動きが前提
  • トップの形をインパクト直前までキープする
  • ヒンジ・背屈のリリースで、クラブを円運動させる
  • 手首の動きを意識しすぎないことが大切

 

スイング中に手首を意識するポイントは2つ

スイング中、手首の動きを意識してほしいポイントは2つあります。

  1. トップでの手首の使い方
  2. インパクトゾーンでの手首の使い方

バックススイングにおいて、手首の角度を固定するとか、コックを入れる入れないという議論は、あまり重要ではありません。

どのタイミングで「コック」「ヒンジ」の動きをするかは、人によってかなりばらつきがありますし、これが正解というものは存在しません。

コックが遅いバックスイング

 

コックが早いバックスイング

 

バックスイングでコックやヒンジの動きが早すぎると、クラブを後ろに引いてしまう傾向があるので、その点だけ注意してください。

 

1.トップでの右手首のヒンジ(背屈)の動き

左手首はまっすぐ、右手首はヒンジ(背屈)

 

手首の使い方で重要なのが、トップの位置です。

  • 左手首はまっすぐ
  • 右手首はヒンジ(背屈)の動き

これが正しく出来ていないと、シャフトクロスの状態になります。

右手の外旋の動きが正しく出来ていると、右手首は自然とヒンジ(背屈)を作れます。

 

左手首を掌屈(屈曲)させても良い

 

ダスティン・ジョンソンのように、左手首を掌屈(屈曲)させる動きでもOKです。

 

2.切り返しからの右手首の使い方

右手首のヒンジ(背屈)の動きが重要

 

トップからの切り返しでは右手・右手首の動きをキープする

右手の外旋の動きと右手首のヒンジ(背屈)の動きはキープし続ける

 

トップからの切り返しで気を付けて欲しい事は、

  • 右手の外旋の動き
  • 右手首のヒンジ(背屈)の動き

この2つの動きがキープできていないと、インパクトゾーンで正しいスイングができなくなります。

 

ダウンスイング後半このタイミングでヘッドを立たせるためには右手首の動きが大切

 

ダウンスイング後半(写真のタイミング)で、ヘッドが立っていないとパッシブトルク(ヘッドが返る動き)が正しく発生しません。

トップの位置から右腕・右手首の動きをキープする動きが大切になってきます。

 

インパクト手前で右手首のヒンジ(背屈)をリリースする。

右手首のヒンジ(背屈)の開放

 

インパクト手前で、右手首のヒンジ(背屈)をリリースします。

リリースするタイミングが遅ければ遅いほど、ヘッドスピードは増します。

右手首のヒンジ(背屈)をリリースするタイミングと同時に、右肩甲骨の外転の動きも行います。

※股関節・背骨の側屈の動きが正しく行われていること(下半身リード)が前提となります。

【股関節の使い方の基本】

【背骨の使い方の基本】

【肩甲骨の使い方の基本】

 

この動きを意識する必要は無い

 

初心者の人は特に、アームローテーションを意識して前腕を回転させる動きはNGです。

クラブヘッドの遠心力とトルクの力で、自然にヘッドがローテーションの動きをします。

前腕の動きより右手首の動きを意識することが、綺麗なアームローテーションを行うことができます。

 

手首を軸にしてクラブを円運動させる

手首を軸にしたクラブの円運動を意識する

手首を軸にしたクラブの円運動手首を軸にした円運動でヘッドを走らせる

 

ゴルフクラブは、手首を軸に円運動をしています。

円運動といっても、クラブは90度回転させるだけです。

フィニッシュからフォローまでのクラブの動きは、遠心力による惰性でおこなわれるので意識する必要はありません。

 

右手首のヒンジ(背屈)のリリースは、この円運動をスタートさせる動きになります。

右手首のヒンジ(背屈)をキープしている間は、円運動もスタートしません。

円運動のスタートを遅らせることが、ヘッドスピードを上げる(ヘッドを走らせる)ことに繋がります。

 

ヒンジ(背屈)をリリースするタイミング

右手首のヒンジ(背屈)をリリースするタイミングは、遅ければ遅いほど良いです。

手打ちスイングの人は、トップからの切り返しと同時にヒンジ(背屈)をリリースしてしまっています。

手首を軸にして、クラブをクルッと円運動させる意識があると、ヒンジ(背屈)をリリースするタイミングを取りやすくなります。

 

手首を軸にした円運動で、クラブを90度回転させてフィニッシュを迎えます。

右手首のヒンジ(背屈)をリリースすると、一瞬で90度回転します。

回転したクラブのゴール地点(フィニッシュ)は決まっているので、リリースを遅らせることがヘッドスピードを上げる(ヘッドを走らせる)ことに繋がります。

 

キャメロン・チャンプ選手はヒンジのリリースが極端に遅い

2018年、PGAツアーにデビューしたキャメロン・チャンプはツアー屈指の飛ばし屋です。

圧倒的な飛距離を生み出す要因は、右手首のヒンジ(背屈)をリリースするタイミングが非常に遅いことです。

ヒンジの開放が非常に遅い

 

ギリギリまでヒンジ(背屈)のリリースを我慢しています。

これが圧倒的なヘッドスピードを生み出す要因です。

ヒンジ(背屈)のリリースのタイミングが遅ければ遅ほど、ヘッドスピードは上がります。

 

ヒンジ(背屈)をリリースするときは、グリップエンドの向きに注意する

松山英樹選手のリリースグリップエンドの向きが、ボールが飛ぶ方向を決める

 

クラブは手首を軸にして、単純な円運動をします。

円運動を行う方向は、グリップエンドが向いている方向です。

右手首のヒンジ(背屈)をリリースするとき、グリップエンドが必ず飛球線方向へ向いていることが大切になります。

大谷翔平選手のリリース野球も同じです。

 

グリップエンドが右を向いているのに、まっすぐボールを打つことは不可能です。

 

コックの動きだけを意識していると、フェイスは開く動きになる

コック(とう屈)の動きだけを意識すると、フェイスターンの力は生まれない

 

とう屈→尺屈の動きだけでは、フェイスが開く力がはたらく

 

インパクトゾーンで右手首のヒンジを開放する動きは、クラブのヘッドをローテーションさせる動きを起こします。

これは、前腕を回転させて(腕を意識的にローテーション)させて起こす動きではなく、ゴルフクラブに発生する遠心力とトルクの力によって自然に行われる動きです。

 

右手首のヒンジを開放する意識がなく、右手に力が入っている状態だとフェースが開いてスライスの原因になります。

もちろん、ヒンジの開放のタイミングが早すぎると引っ掛けの原因にもなります。

手首のコックの動きだけを意識すると、ヘッドから生まれるトルクの力が反対方向に生まれます。

つまり、ヘッドが開く力を生む動きになります。

これを、前腕の回転の動きで無理やりフェイスローテーションさせようとしても、トルクの力に負けてしまいます。

ゴルフスイングの動きの中で、手首をコックさせる動きは必要ですが、ヒンジの動きが無いとスライス病からは卒業できません。

 

右手首のヒンジの動きを身に付ければ、ゴルフスイングはガラリと変わる

ゴルフスイングでは、コックの動きだけを意識する場合が多いです。

右手首のヒンジ(背屈)の動きの方が重要です。

この動きがゴルフスイングに加わると、あなたのスイングは大きく進歩します。

 

注意点としては、手首の動きだけを意識しないこと。

股関節>背骨>肩甲骨>腕>肘>手首

動きの優先順位を間違えると、スイングはどんどん乱れることになるので注意してください。

 

[/box06]

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。