身体の使い方の基本

ゴルフスイング【背骨の使い方の基本 #4】側屈で肩を縦に回す

背骨の使い方の基本#4

前回は、スイングの回転軸と背骨の関係について解説をしました。

【背骨の使い方の基本 #3】背骨はスイング軸じゃない!

 

今回は、背骨を側屈させることで肩を縦に回す動きについて解説します。

  • 肩は首と垂直に回る
  • 前傾姿勢をキープできれば肩は縦に回る
  • 肩を縦に回す動きは、「股関節の内旋」と「背骨の側屈」
  • 肩を縦に回すには、腹斜筋の柔軟性も必要
  • 【重要】肩を回そうと意識しないことが大切

 

肩のラインは、必ず首と直角に回る

肩は首の付け根を軸に回転する肩は首と直角に回転する

 

肩のラインは、首に対して「必ず直角に」回転します。

必ずです。

 

つまり、前傾姿勢をキープしたスイングができれば、「必ず」肩は縦に回ります。

頭が上がる、伸び上がる、腕を振る、こういったスイングだと肩は横にしか回りません。

 

肩を縦に回すための「股関節の内旋運動」と「背骨の側屈」

前傾姿勢をキープすれば、肩は縦に回る前傾姿勢をキープすれば、肩は縦に回る

 

肩を縦に回すスイングは、フィニッシュまで前傾姿勢をキープすること。

前傾姿勢をキープするために必要なことは、3つ。

  1. 必ず下半身リードであること
  2. 「左股関節の内旋」と「背骨の右側屈」の動き
  3. 左腹斜筋の柔軟性

 

下半身リードじゃないと、身体は伸び上がってしまう

下半身リードとは、トップからの切り返しで股関節から始動すること。

切り返しからフィニッシュまで、常に下半身の動きが先行していること。

 

下半身リードが出来ない原因は、

  • 上半身でスイングしている
  • 股関節の動きが止まってしまう
  • 背骨の側屈ができていない

大切なことは、インパクトゾーンでも下半身の動きに意識が向けられているかということ。

ボールを打つ意識が強すぎると、必ず上半身リードのスイングになってしまいます。

上半身に意識が向けられると、下半身の動きが止まってしまいます。

また、上半身リードのスイングは、頭が上がったり伸び上がったりする原因となります。

 

下半身リードは、肩を縦に回すための絶対条件です。

伸び上がったスイングだと、肩は横にしか回りません。

 

肩を縦に回すための、「左股関節の内旋運動」と「背骨の右側屈」の動き

下半身リードのスイングを完成させる大切な要素は、「左股関節の内旋運動」です。

右股関節の内旋運動は、バックスイングからトップにかけて重要な動きです。

トップからの切り返しで、左股関節の内旋運動を始めます。

左股関節の動きをフィニッシュまで先行させることが、下半身リードのスイングです。

 

次に、左股関節の内旋運動に合わせて、背骨を右に側屈させます。

股関節の動きだけだと、頭が動きます。

頭を動かさないために、右側屈をおこないます。

 

左股関節の内旋運動、背骨の右側屈。

この2つの動きが、下半身リードの動きの基本です。

下半身リードができれば、前傾姿勢はキープできます。

前傾姿勢がキープできれば、肩は縦に回ります。

 

肩を縦に回すための、腹斜筋の柔軟性

腹斜筋の柔軟性腹斜筋の柔軟性も肩を縦に回す条件

 

左腹斜筋の柔軟性がないと、肩を縦に回すことは難しいと言えます。

左腹斜筋の柔軟性は、インパクトゾーンにおいて前傾姿勢をキープするために不可欠です。

前傾姿勢をキープしたまま左股関節を内旋させる動きは、左腹斜筋の柔軟性が必要です。

左腹斜筋の柔軟性が低いと、前傾姿勢は崩れます。

前傾姿勢が崩れると、頭が上がります。

頭が上がると、肩を縦に回すことができません。

背骨の側屈の動きを身につけるには、ストレッチ・筋トレで背中・腹筋まわりの筋肉に刺激を与えることが近道になります。

【1日30分/週1回】自宅でできるゴルフの為の体幹トレーニング
【1日30分/週1回】自宅でできるゴルフの為の腹筋トレーニング
【ゴルフの為のストレッチ#5】腰・骨盤まわりの筋肉をほぐす

 

【重要】肩を回そうとする意識は肩の動きを制限してしまう

肩を縦に回す方法について解説してきましたが、最後に矛盾するようなことを言ってしまいます。

「肩を回そう」と意識しない方が良い。

肩は、肩甲骨の動きと連動しています。

肩甲骨・肩の動きに連動して、腕が動きます。

 

肩の動きだけを意識すると、肩甲骨の動きが制限されてしまいます。

肩甲骨の動きが制限されると、腕の動きも制限されます。

 

左股関節の内旋運動と背骨の右側屈の動きで肩は縦に回ります。

肩を回そうと意識しても、肩は縦に回ります。

しかし、肩が縦に回っても、その先のフィニッシュで腕の動きに制限がかかってしまうと、本末転倒になります。

肩を回そうと意識するのではなく、肩甲骨を動かす意識でスイングしてください。

そうすれば、肩を縦に回したあとの動きも綺麗な動きになります。

 

背骨の側屈から始まる肩を縦に回すスイング

背骨を側屈させることで肩を縦に回す動きをまとめます。

  • 肩は、必ず首と直角に回る
  • 前傾姿勢をキープできれば肩は縦に回る
  • 肩を縦に回すには、下半身リードが絶対条件
  • 肩を縦に回す動きは、「左股関節の内旋」と「背骨の右側屈」
  • 肩を縦に回すには、腹斜筋の柔軟性も必要

 

背骨の右側屈も、肩を縦に回すための絶対条件といえます。

頭を動かさないために、下半身のパワーを上半身に使えるために、背骨の側屈をしっかり身に付けましょう。

正しい身体の使い方が身に付けば、肩は縦に回ります。

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。