身体の使い方の基本

ゴルフスイング【肩甲骨の使い方の基本 #4】肩甲骨で腕を動かす

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、インパクトで肩をクルッと回転させる方法について解説しました。

【肩甲骨の使い方の基本 #3】肩をクルッと回転させる方法

今回は、肩甲骨の動きのまとめ解説です。

ゴルフスイングは肩甲骨をしっかり意識する

肩甲骨の動かし方をまとめる

  1. ゴルフスイングは肩甲骨の動きが重要
  2. 腕・肩の動きは意識しない
  3. 「振り上げて振り下ろす」動きからの卒業
  4. 肩甲骨の正しい動きを理解する
  5. 必要に応じて、ストレッチをする

 

肩甲骨の動きそのものは簡単です。

(股関節ほど複雑で難しい動きではないので)

難しいのは、肩甲骨の動きをスイングのリズムに合わせることです。

 

肩・腕より、肩甲骨の動きが重要

上半身の動きを解説する場合、「肩」「腕」「ヒジ」「手首」に焦点を当てた解説が多いです。

また、ゴルフクラブ・フェイスの角度や向きに焦点を当てた解説も多いです。

 

しかし、一番意識しなければならない重要な場所は肩甲骨です。

それに同調する腕の動きを理解出来れば、ゴルフスイングは非常に再現性の高いスイングになります。

 

「マン振り」は間違ったスイングを的確に表現した言葉である

ボールを思いっきり飛ばそうとする時、「マン振り」という言葉を使う人が多くいます。

上体・二の腕に力を入れて思いっきりクラブを振り回すという意味では正解でしょう。

正しい身体の使い方をした場合、「マン振り」という表現に違和感を感じるはずです。

ボールを思いっきり飛ばしたければ、まずは肩甲骨を思いっきり外転させましょう。

 

短い距離のアプローチも同じである

初心者にとって短い距離のアプローチは非常に難しいショットです。

難しい原因は、腕や手首の上げ下げ具合で距離をコントロールしようとするからです。

通常のショットと同じように、肩甲骨を意識すれば楽にコントロール出来ます。

肩甲骨の可動域を調整するだけです。

 

小さくバックスイング

 

小さくフィニッシュ

意識する点は同じです。

バックスイングで、肩甲骨を小さく旋回運動

ダウンスイングで、肩甲骨を小さく外転運動+前腕の回転運動

腕を小さく振る動作は非常にコントロールが難しいですが、この動きなら簡単にコントロール出来ます。

状況によっては前腕の回転運動を行わない場合もあります。(フェイスを開いたままのショット)

 

肩甲骨の動きは、腕・クラブの動きの土台になる

ドライバーもSWもパターも、

フェアウェイもバンカーもラフも、

肩甲骨を意識する事に変わりはありません。

 

練習やラウンド翌日、背中(肩甲骨回り)が筋肉痛になっていれば、正しいスイングが出来ている証拠ですので喜んでください。

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。