身体の使い方の基本

ゴルフスイング【腕の使い方の基本 #4】右手主導と左手主導について

腕の使い方の基本#4

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、右手の動かし方の解説をしました。

【腕の使い方の基本 #3】右手の使い方

 

今回は、ゴルフスイングは「右手主導なのか?」「左手主導なのか?」について解説します。

  • 腕の動かし方を知る
  • 右手主導・左手主導、どちらも出来ることが大切
  • 厳密に言えば、体幹主導のスイングが正解?

 

正しい腕の動かし方を理解する

ゴルフスイングにおいて、右手と左手はそれぞれ異なる動きをします。

右手主導、左手主導を語る前に、右手と左手の正しい動かし方を理解しておく必要があります。

 

左手の動きは、水平内転と前方挙上

左手の挙上内転の動き水平内転(トップの位置)

 

左手の前方挙上の動き前方挙上

 

左手は、肩甲骨を外転させながら水平内転の動きでトップの姿勢をつくる。

ダウンスイングでは、肩甲骨を外転させたまま前方挙上させる。

ヒジをのばしたまま肩のラインの高さまで上げて、前方へ突き出す動きが左手の動かし方。

 

インパクトからフィニッシュにかけては、左手の動きが重要になります。

 

右手の動きは、外旋のみ

右手の外旋の動き(トップ)右手の外旋の動き

 

右手の外旋の動き(ダウンスイング)ダウンスイングでも外旋の動きを保つ

 

右手の動きは、外旋運動だけです。

トップの位置までに右手を外旋させて、インパクトぎりぎりまで外旋の状態をキープします。

トップからの切り返しで外旋の動きが開放されると、アーリーリリースと呼ばれる動きで手打ちスイングの典型となります。

 

右手主導と左手主導のどちらも出来ることが大切

右手にも左手にも、それぞれに役割がある

右手と左手には、それぞれの役割があります。

・右手は、パワーをボールに伝える

・左手は、クラブをコントロールする

 

右手主導にして、左手の動きをおろそかにするわけにはいけません。

左手主導も同じです。

右手も左手も、それぞれの役割をしっかりこなす必要があります。

どちらの動きがおろそかになってもスイングは安定しません。

 

右手の動きを意識する。左手の動きを意識する。

右手の動きを意識した、右手主導のスイング。

左手の動きを意識した、左手主導のスイング。

どちらを意識しても、正しくスイングできることが理想です。

左手の動きはシンプルですが、スイングの中で正しく動かすにはそれなりの練習は必要です。

そのときに、左手主導(左手の動きを意識したスイング)の練習も必要でしょう。

右手も同じです。

 

「右利きだから左手主導」はナンセンス

「右利きの人は、右手に力が入るから左手主導にしましょう。」

「右手は添えるだけで十分。」

よく聞くアドバイスですが、鵜呑みにしてはいけない言葉です。

 

右利きの人でも、外旋の動きが出来ていなければ右手の動きを意識した練習が必要です。

右手に力が入るのならば、スイングそのものの見直しが必要です。

左手を意識したからといって、それらの問題点が解決できるわけではありません。

右手の動き、左手の動き、正しい力加減を身に付けるためには、片手打ちの練習をお勧めします。

 

腕の動きは意識しない「体幹主導」のスイングが理想

腕の動きを意識すると、恐ろしい悪循環にハマる

ゴルフスイングでは、腕の動きを意識し過ぎると必ずスイングが崩れていきます。

スイングが崩れるから余計に腕の動きを意識する。

ゴルフでよくある、典型的な悪循環です。

プロゴルファーでも、この悪循環にハマってしまう恐ろしい病気(?)です。

 

ゴルフスイングは、下半身の動きから始まる

ゴルフスイングは、下半身の動きが中心です。

・股関節の動き
・背骨の側屈の動き
・肩甲骨の動き

これらの動きが正しくできていることが前提です。

 

理想のスイングは、「体幹主導のスイング」である

「ゴルフスイングは、右手主導か左手主導か」

この問いに対する答えは、

「体幹主導のスイングが理想」

これが正解と言えます。

 

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。