身体の使い方の基本

ゴルフスイング【腕の使い方の基本 #3】右手の動かし方

腕の使い方の基本#3

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、「左手の動かし方」について解説しました。

【腕の使い方の基本 #2】左手の動かし方

今回は、ゴルフスイングにおける「右手の動かし方」の解説です。

 

 

右手は、ボールにパワーを伝える役割

右手と左手の、それぞれの役割とは?

右手と左手には、それぞれ役割があります。

右手の役割は、トップで溜めたパワーをボールにぶつけること。

左手の役割は、スイング中にクラブをコントロールすること。

 

クラブをコントロールした左手の動きに従いつつ、下半身か生まれたパワーを正確にボールにぶつける役割が右手です。

誤解してはいけないのは、パワーを伝える土台は「右の肩甲骨」の動きであること。

右手の筋力(腕力)でボールに力を伝えるのではありません。

無駄な力はスイングを乱すだけなので注意してください。

 

右手の動きは、外旋運動だけ

右手の動き1 アドレス

アドレス(正面)
アドレス(側面)

 

 

右手の動き2 バックスイングからトップ

右手の外旋運動(正面)トップ(正面)

 

右手の外旋運動(側面から)トップ(側面)

 

右手の外転運動だけを意識していれば、脇が開くことはありません。

脇を締めようとする意識は大切ですが、意識し過ぎると右手の動きが窮屈になるので注意してください。

右手は外転の動きだけ。

あとは、肩甲骨の動きを意識していれば大丈夫です。

 

右手の動き3 ダウンスイング前半

ダウンスイング前半(正面)
ダウンスイング前半(側面)

 

ダウンスイングでは、トップで作った右手外旋の動きを常にキープします。

右手の外旋の動きを、インパクト直前のどこまでキープできるかが重要です。

 

右ヒジの位置

 

背骨の側屈の動きを入れると、ヒジが身体の正面に戻ります。

ほぼアドレスのヒジの位置と同じです。

右手を下げる動きは意識しないようにしてください。

側屈ができれば、自然にヒジが下がります。

ヒジの位置だけ気にしておけば十分です。

【ヒジの使い方の基本】肘は腕の動きをコントロールする

 

右手の動き4 ダウンスイング後半(インパクトゾーン)

右の肩甲骨の動きがメイン。右手は何もしなくていい。

 

インパクトゾーンでは、右手は何もしません。

「右肩甲骨の外転運動」と「右手首のヒンジの開放」がメインになります。

この2つの動きとクラブの遠心力・トルクの力で右手は自然に伸びます。

肩甲骨の外転運動(パワー)を、正確にボールに伝える役割が右手です。

正確に使えるためには、余計な力を入れないことが大切です。

 

フィニッシュ(正面)
フィニッシュ(側面)

 

ダウンスイング後半で、右手はローテイションをします。

これは、クラブの遠心力とトルクの力で自然に行う動きです。

意識して前腕を動かす必要はありません。

 

肩甲骨からのパワーをボールに伝えるために

右手の動きは、右ヒジの動きで決まる。

アドレス

 

トップ(動きが分かりやすいように高く上げているが、本当は手首が肩の高さより下になる)

 

ダウンスイング前半

 

フィニッシュ

 

大切なことは、右ヒジの動きが最短距離で一直線に動いていること。

右ヒジの動きの安定が、右腕の動きの安定に繋がり、肩甲骨からボールへパワーを伝えることになります。

 

右手の外旋の動きは、柔軟性が必要

キャメロン・チャンプの右手の動き右手・右肩まわりの柔軟性が無いと、このような形は取れない(キャメロン・チャンプ)

 

右手の外旋の動きには、肩周りの柔軟性が不可欠です。

最終的に、右手の外旋の動きをどこまで我慢できるかが、リリースを遅らせてヘッドスピードをあげる結果に繋がります。

右手・右肩の柔軟性は、飛距離に大きく影響するファクターです。

正しい右手の動きには、少しでも高い柔軟性が求められます。

 

なぜ、トップで右脇が開いたらダメなのか?

右脇が開くと、パワーをうまく伝えられなくなる

 

トップの位置で、右肩が外転(脇が開く)しない事が大切。

右脇が空いてしまうと、肩甲骨の動き(パワー)をボールにうまく伝えることができなくなります。

ダウンスイング前半の、右ヒジを身体の前に移動させる動きに無駄が生じます。

※トップの位置では、右脇と右ヒジに隙間はありますが、隙間=脇が開いている状態ではありません。右手の外旋運動が出来ていれば大丈夫です。

 

右手の動きを身に付ける片手打ち

右手の片手打ちの方法

右手の動きは外旋運動が全てです。

片手打ちの方法

  • 最初は、何も持たずに片手で素振りをする
  • 次に、クラブを短く持って片手素振りをする
  • 最後に、通常のグリップの位置で片手素振りをする
  • 片手素振りが出来るようになってから、ボールを打つ

右手の動きは外旋運動だけです。

少しでも余計な力が入ると、クラブの軌道が変わります。

右手を動かす意識より、トップで作った外旋の状態をキープする意識を持つとうまくいきます。

 

右手の片手打ちの注意点

  • 必ず股関節と背骨の側屈を意識する
  • 慣れるまでは、軽くゆっくり動かす
  • インパクトで、右手首のヒンジの開放を意識する

右手の片手打ちは、とにかく腕をコントロールしようとしてしまいます。

右手の動きをコントロールしようという意識がスイングを狂わせる原因です。

左手と同じく、股関節・背骨の側屈の動きを意識してください。

意識できていないと、片手打ちはいつまで経っても上達しません。

 

片手打ちは慣れるまでは非常に不安定です。

はじめは、ゆっくり軽くスイングしてください。

通常のスイングスピードで練習してミスした場合、ケガのおそれがありますので要注意です。

 

右手の片手打ちの場合、外旋した腕を伸ばす意識は必要ないです。

クラブの遠心力とトルクの力で、自然に腕は伸びます。

右手首のヒンジを開放する動きも、慣れないうちは無しで大丈夫です。

片手打ちは、右手の力加減を身に付ける練習なので、ヘッドの動きは気にしなくても大丈夫です。

ボールを打つ場合も、ミスショットを気にしないようにしましょう。

 

片手打ちの練習で、本当の力加減が身に付く

スムーズにクラブを振り抜けるようになったら、右手の動きは身に付いたと言えます。

右手の力を抜く感覚が身に付きます。

必要最小限の力が分かるようになります。

そして、股関節・背骨の側屈・肩甲骨の動きが正しく出来ていないと片手打ちはうまく出来ません。

片手打ちは、右手の力加減・身体の使い方の両方が身に付く練習です。

 

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。