ゴルフスイングのメカニズム

ゴルフスイングのメカニズム

ゴルフスイングは非常に複雑な動きをします。

「ゴルフスイングのメカニズム」の目的は、まず動きの仕組み(メカニズム)を1つ1つ個別に理解していき、個別の動きを連動させていくことでゴルフスイングの基本を身に付けることです。

【ゴルフスイングの基本】は初心者でも1時間あれば身に付けることができます。

 

上半身のメカニズム

正しいゴルフスイングを身につけるためには、上半身の動きから始めることをお勧めします。

上半身の動きは、5STEPで身に付けることができます。

STEP1 フェースローテーション

ゴルフスイングの基本を身に付けるには、フェースローテーション(フェースの開閉運動)を理解することから始めます。

フェースローテーション
ゴルフクラブに仕事をさせる!フェースローテーションのメカニズム【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。ゴルフクラブに仕事をさせるために不可欠なフェースローテーションの。インパクトゾーンにおける右手の動きと下半身の正しい動きを身に付けることによってゴルフスイングの原型が完成します。...

 

STEP2 シャロースイング

シャロースイングの動きはゴルフスイングの基本動作の1つであり、最初に身につけておくことが大切です。

あとで身に付けようとすると、スイングのリズム・タイミングが大きく変わるのでスイング修正で苦労することになります。

シャロースイングのメカニズム
【シャロースイングのメカニズム】右手をクルッと回すだけ!ゴルフスイングの基本動作である「シャロースイングのメカニズム」についての解説です。シャロースイングは右手をクルッと回す動きのこと。右手の筋肉の伸張反射を使う事によって誰でも簡単に身につけることができる動きです。...

「フェースローテーション」「シャロースイング」で「右手の動かし方」が完成します。

 

STEP3 アームローテーション

アームローテーションの正しい動きを見に付けます。

スイングタイプによって「右肘」の動かし方が異なります。

【アームローテーションのメカニズム】正しい腕の動かし方【アームローテーションのメカニズム】正しい腕の動かし方についての解説です。ポイントは、「右肘は体の前から動かさない」「フィニッシュは肩の高さまで腕を上げる」アームローテーションを身に付けることで「インパクトは通過点」を実感できるようになります。...

ここまでで「両手の動かし方」が完成します。

 

STEP4 右サイドのスイング

アームローテーションに合わせて、「肩を回転」させる動きを見に付けます。

ゴルフスイングは右サイド
【右サイドでクラブを捌くメカニズム】スイングの要は肩の回転【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。第2回は身体の右サイドでクラブを捌く動きの解説です。正しいアームローテーションの動きを理解できれば、ゴルフスイングの基本は完成します。...

これで「体の右サイドでスイングする動き」が完成します。

 

STEP5 トップの高さ

STEP4までの動きを、身体を前傾させて行います。

トップの高さを気にしなくていい理由が理解できます。

【トップの高さを決めるメカニズム】高い低いは気にしなくて良いゴルフスイングで「トップの高さ」を意識するあまり、スイングを崩している人が多くいます。 【ゴルフスイングのメカニズム】 次回...

これで「上半身のゴルフスイング」が完成です。

 

下半身のメカニズム

初心者は、まずヒップターンの動きを覚えます。

ヒップターンの動きが下半身の基本動作です。

【下半身リードのメカニズム】基本動作はヒップターンの動きスイング解説では「下半身リード」という言葉をよく耳にします。 【ゴルフスイングのメカニズム】 今回は、【下半身編】・下半身リ...

 

「上半身のスイング」+「ヒップターン」で【ゴルフスイングの基本】が完成します。

 

ゴルフスイングの基本をおさらい

STEP1~STEP5までの内容をまとめました。

ここまでの動きは、1時間もあれば身に付けることができます。

ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法
【初心者必見!】ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法これからゴルフを始めようとするなら、まずゴルフスイングの基本を身に付けることが大切です。 本記事は【ゴルフスイングのメカニズム】の...

 

上半身と下半身の連動

【ゴルフスイングの基本】ができても、すぐにスイングできるわけではありません。

「上半身の動き」と「下半身の動き」をうまく連動させることによって、ゴルフスイングは完成します。

 

捻転差・タメをつくる

おそらくゴルフスイングで理解するのが難しい動きが「捻転差をつくる」「タメをつくる」動きです。

捻転差は、インパクト直前で最大になります。

トップで作った捻転差をリリースするタイミング
トップで作った捻転差はリリースするタイミングが重要!【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。補足編の第2回目は、トップで作った捻転差をリリースするタイミングについての解説です。トップで作った捻転差をキープする動きを「タメを作る」動きと言い、捻転差をリリースするのはインパクト直前です。この動きができると、「自然に頭が残るビハインドザボール」「肩がクルッと回転するスイング」が同時に身に付きます。...

 

力を入れるタイミング

ゴルフスイングは、フィニッシュで力を入れます(出します)。

インパクトで力を入れる意識がある限り、正しいゴルフスイングは身につきません。

ゴルフスイングの力の入れ方
【プロとアマでは正反対?】ゴルフスイングの力の入れ方【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。第3回目はゴルフスイングにおける正しい力の入れ方についての解説です。プロとアマ、上級者と初心者では力の入れ方が正反対です。正しい力の入れ方を身に付けて脱力スイングを身に付けましょう。...

 

ゴルフスイングのメカニズム 実践編

実際にボールを打ちながら、ゴルフスイングを上達させます。

脱力スイング

いままでのおさらいです。

「脱力スイング」を身につける為のポイントを簡単にまとめています。

【脱力スイングのメカニズム】手打ちスイングからの卒業アマチュアゴルファーが憧れる「脱力スイングのメカニズム」についての解説です。トップで力を抜くことだけを意識しても脱力スイングは身につきません。まずは、「手打ちスイング」から卒業することが脱力スイングを身に付ける第一歩となります。...

 

ハーフスイング

実際にボールを打つ場合、ハーフスイングから練習すると上達が早くなります。

いままでの動きを1つ1つ確認するつもりでハーフスイングの練習をします。

ハーフスイングドリル
ハーフスイングで正しいゴルフスイングを身に付ける練習法【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。第4回目は、ハーフスイングの練習で正しいゴルフスイングを身に付ける練習法を解説。ハーフスイングの練習の効果の紹介、ハーフスイングでも飛距離は稼げます。またハーフスイングの練習はウェッジがお勧め。ゴルフスイングの基本の動きを身につけ易いし、そのままアプローチの練習にも直結します。...

 

フルスイング

ハーフスイングに慣れてきたら、少しずつバックスイングを大きく取るようにして「フルスイング」を見に付けます。

フルスイングは非常に難しいスイングで、柔軟性や筋力も大きく関係してきます。

ゴルフのフルスイング練習法
【実は難易度が高い!】ゴルフのフルスイング練習法【初心者ゴルファー必見!】これからゴルフを始める人の為のゴルフスイングのメカニズム解説。第5回目はフルスイングについての解説です。ハーフスイングから徐々に捻転差を大きくしていくことでフルスイングは完成します。フルスイングを安定させる為には筋トレ&ストレッチも欠かせません。...

ゴルフスイングの完成

これまでの解説でゴルフスイングの基本が完成します。

あとは、1つ1つの動きを確認しながら練習するのみです。

ゴルフスイングのメカニズムを理解することで、通常より何倍も早く上達することができます。

 

プロフェッショナル編

プロゴルファーは、なぜあんなに飛ばせるのか?

アマチュアゴルファーとプロゴルファーの【スイングのメカニズムの違い】を解説します。

※準備中です。