A1タイプ

4スタンス理論A1タイプにおすすめのレッスン「ゴルフスイング物理学」

ゴルフスイング物理学

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

4スタンス理論のA1タイプにお勧めのゴルフレッスンの紹介です。

 

当サイトでは画像を中心に詳しく分かりやすい解説を心掛けています。

それでも、画像と文章だけではスイング解説に限界があります。

そこで、【身体の使い方】を動画で分かりやすく解説しているWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」をご紹介いたします。

 

レッスンをしてくれるスポーツトレーナーの小澤さんは、4スタンス理論のA1タイプです。

身体の動きに関するレッスンは全ての人に有益な内容です。

スイングの細かな動きの解説になると、A1タイプの特徴が混ざります。

スイング中のちょっとした感覚を共有できますので、A1タイプの人には特にお勧めします

※レッスン内容に4スタンス理論は含まれていません。


★体験動画レッスンの無料キャンペーン中(通常は1,500円)
★受講料30,000円(更新料・追加料金は一切無し)

※無料体験レッスン受講後72時間以内の申し込みで15、000円になる受講料半額キャンペーン実施中!

【身体の使い方】を動画で解説!ゴルフスイング物理学とは?

ゴルフスイング物理学とは、YouTube上で配信しているレッスン動画です。

DVDは買ったら終わり、WEB上の動画レッスンは常に更新され続ける

従来のレッスン動画は、DVDが主流でした。

DVDは購入したらそれで終わりです。

新しい動画が欲しければ、第2弾・第3弾を購入しなければなりません。

 

WEB上で配信されている「ゴルフスイング物理学」のメリットは、

  • 常に新しい動画が更新され続けること
  • 追加料金なしで視聴できること
  • いつでもどこでも視聴できること

練習中でもラウンド中でも、気になった時に視聴することが出来ます。

ゴルフ上達のためには、WEB上の動画レッスンが非常に有効と言えます。

 

 

4スタンス理論のA1タイプの人には特にお勧めです。

 

ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」

 

ゴルフスイング物理学は、ほかの動画とは違う

現在、YouTube上にはたくさんのレッスン動画が配信されています。

ゴルフスイング物理学が、ほかのレッスン動画と違うところはスポーツトレーナーが配信していることです。

スポーツトレーナー小澤 康祐さん(A1タイプ)について

スポーツトレーナーの小澤 康祐さん(A1タイプ)が解説をしている動画レッスンです。

小澤さんは、上智大学理工学部出身で県立高校を甲子園出場させた実績もあります。

幼少期からゴルフをやっていたわけではなく、本職(?)は野球です。

※私は、テニスの経験を活かしながら「ゴルフの基本」の解説を行っております。

 

多くのレッスン動画はレッスンプロ(経験者)の感覚が頼り

○○のような感覚で

△△のようなイメージで

多くのレッスンで慣用的に使われる、「感覚的な表現」です。

レッスンプロが幼少期から培ってきた「感覚」をそのまま伝えているのが特徴。

申し訳ないですが、「感覚」はその人本人にしか分からないものです。

 

また、感覚に頼った解説は、4スタンス理論のタイプ別の特徴が色濃く出てしまうことが問題です。

同じタイプの人同士なら話も分かりますが、異なるタイプの人がレッスンを受けると混乱する原因になります。

ゴルフスイング物理学では、感覚的な表現はいっさい無く、すべて理屈に沿った解説がされており非常に分かり易いことが特徴です。

身体の基本的な動きを解説していますので、4スタンス理論のどれかのタイプに偏った解説にはなっていません。

※スイング中の動きについての解説になると、A1タイプの動きの特徴が混ざっています。

 

物理学という表現は、敬遠されがちだが非常に分かりやすい

ゴルフのレッスンプロとは異なる切り口で解説

ゴルフスイング物理学の解説は、「ゴルフの理屈を深く理解して、原理原則に沿った体の動かし方ができるようにする」ことをコンセプトにしています。

ゴルフスイング物理学=運動学×物理学

  • 身体の使い方
  • 体幹トレーニング
  • 道具の物理(クラブの特性を活かす)

当サイトとコンセプトが似ています。

このように100%理屈にもとずいた切り口で解説をしているレッスンプロは少ないです。

「物理学」という表現は、敬遠されやすい言葉ではあります。

「ゴルフスイング物理学」の解説は、わかりやすい言葉・表現で説明していますので理解に苦しむ心配はありません。

 

レッスンプロの分かりやすい表現は、結局のところ分かりにくい

レッスンプロは、分かりやすく解説するために色々な表現・例えで解説しています。

ユーザー1人1人に伝わりやすい表現を探している気持ちは良くわかります。

しかし、結局のところは、自身の感覚に頼った表現になるので、本当の動き(原理原則)は理解できない事も事実です。

そして、感覚的な表現の一番の問題は、4スタンス理論のどれかのタイプに偏った解説になってしまうことです。

 

身体の使い方は全ての人に理解できる内容

スポーツトレーナーである小澤 康祐さん(A1タイプ)は、感覚的な表現を排除して解説しています。

4スタンス理論でタイプが異なっていても、分かりやすいです。

スイング中の細かな動きに関しては、A1タイプの動きの特徴が混ざっています。

 

ゴルフのための体幹トレーニングを取り入れる

いくら原理原則にもとずいて解説したとしても「身体の使い方」と「クラブの物理運動」だけの解説では不十分です。

動きを再現でするための身体(筋力・柔軟性)が必要になってきます。

ゴルフスイング物理学では、体幹トレーニングのレッスンも重要な要素として配信されています。

小澤 康祐はスポーツトレーナーですから、ある意味ここがメインの解説とも言えますね。

基本的なストレッチとトレーニングのメニューをドリル形式で紹介してくれています。

 

動画を見ていただければわかりますが、小澤さんは身体が柔らか過ぎます。

あれだけの柔軟性があると、ゴルフも楽だろうなと思ってしまいます。

ゴルフスイングを科学的に改善する「ゴルフスイング物理学」

 

体験版の動画レッスンでも多くを学べる

体験版の動画レッスンに登録すると、YouTube等では非公開である有料版の動画レッスンの一部を受講できます。

体験版の動画レッスンは、現在は無料キャンペーン中です。(通常1,500円)

※無料体験レッスン受講後72時間以内の申し込みで15、000円になる受講料半額キャンペーン実施中!

 

「ゴルフスイング物理学」の体験レッスン動画(一部抜粋)

  • ゴルフのシャンク、スライス、フェースが開く原因 / 円すいの遠心力を応用(12分41秒)
  • ベタ足 / 下半身主導の切り返し / 膝が出ない / 股関節と物理の理解(11分47秒)
  • 飛距離アップ / 地面反力が効率的に使えるスイング / 上半身の使い方(11分01秒)
  • シャフトは寝かす?前倒し?寝かせれば勝手に立つ?など(11分55秒)
  • 振り遅れ・シャンク・プッシュ解消 / スイングのリズム、テンポをつかむ「固有振動数」について(11分06秒)
  • 道具の物理・基礎編「重心角」〜スクエアなインパクトの原理〜(12分55秒)

 

個人的な感想を言わせてもらうと、体験版だけでも多くのことを学ぶことができます。

スポーツトレーナーならではの視点でゴルフスイングを解説しています。

通常のレッスンプロの指導や雑誌の内容とは全く異なる視点で解説されています。

当サイトで解説している内容と重複している部分も多いです。

やはり動画解説の方が、はるかに分かり易いですね。

トレーナーの小澤さんは、4スタンス理論ではA1タイプです。

全てのタイプに共通する身体の動きを解説しています。

スイング中の動きだけは、A1タイプの特徴が混ざっています。

 

↓↓↓無料の体験レッスン申込み↓↓↓

無料体験レッスン受講後、72時間以内の申し込みで15、000円になる半額キャンペーン中!

 

有料の動画レッスンは、随時更新されていく

有料(30,000円)の動画レッスンのメリット

  • いつでもどこでも無期限で視聴できる
  • 更新料・追加料金は一切無し
  • 受講生の質問をもとに新しいレッスン動画がアップされる
  • 現在、約50本の動画レッスン

無料体験レッスン受講後、72時間以内の申し込みで15、000円になる半額キャンペーン中!

 

ネット環境があれば、いつでもどこでも視聴できる

WEB動画レッスンなので、ネット環境さえあれば24時間365日いつでもどこでもレッスン動画を視聴出来ます。

自宅はもちろん、通勤電車で、練習場で、ラウンド中にも、気になったらすぐに視聴できるメリットがあります。

※これは体験版も同じ

 

更新料や追加料金はいっさい無し

有料版での不安は、入会後に追加費用が掛かるかどうかです。

「ゴルフスイング物理学」の有料版は、追加料金はゼロです。

新しい動画がアップされても、新しい理論が生まれた場合も、更新料・追加費用はゼロで視聴出来ます。

動画レッスンの受講期限もありません。

 

受講生の質問をもとに、新しい動画がアップされる

メールやLINEなどで、直接の質問のやりとりはできません。

受け付けた質問に答える形式で、新しい動画がアップされます。

あなた自身の悩みを受講生全員で解決できる仕組みになっています。

 

現在の有料版の動画レッスンは、約50本

ステップ1.「基礎理論編」(計60分)

  • ボールの軌道を決定する要素〜ショット・クラブの打ち分けの基礎〜
  • フェースがスクエアになる仕組み
  • クラブは少し左を向く構造になっている?
  • フェードとドローの打ち分け・理論編

 

ステップ2.「動作改善編」(計100分)

  • テコではなく慣性の力でヘッドを走らせる感覚をつかむドリル
  • 水平面上の遠心力を生み、スクエアなインパクトを可能にするドリル
  • スクエアインパクトのためのリストワークドリル
  • ステップ1.における上半身の使い方のまとめ
  • 背骨の動きと側屈の動作を改善するストレッチ
  • クラブ(ショット)に応じた体軸の使い方

 

ステップ3.「コンディショニング&トレーニング」(計115分)

  • 体幹部をメインとした基礎のトレーニング
  • 足〜足首のコンディショニングトレーニング
  • 股関節、骨盤のコンディショニングトレーニング
  • 背骨、胸郭のコンディショニングトレーニング
  • 肩甲骨(肩甲帯)のコンディショニングトレーニング

 

最近にアップデートされた動画レッスン(計640分 / 2018年7月現在)

飛距離アップ編

  • 飛距離アップ編・1「胸と手の位置とクラブの回転」
  • 飛距離アップ編・2「力を発揮するタイミングを掴むドリル」
  • 飛距離アップ編・3「捻転差を作るための上半身のエクササイズ」
  • 飛距離アップ編・4「下半身トレーニングの応用」

 

受講者からのご質問をもとにアップされた動画レッスン

  • ダウンスイングでの力の方向、タイミングについての補足説明
  • 「腕が体から離れすぎる」を改善する右肩甲骨から腕の使い方
  • デカヘッドドライバーを扱えるスイングとは
  • アドレスでのボールとの距離感について
  • タメ、コックが早く解けてしまう原因と改善
  • ドライバーの振り遅れを防ぐ骨盤の使い方
  • ヘッドが外から降りてくるスイングを改善「体幹の後ろ回しドリル」
  • トップでクラブの重みを手のどこで感じるべきか
  • デスクワークや運転時間が長い生活の中に取り入れたいストレッチ
  • 切り返し(ポインティングとチェストローテーション)のタイミング、フェースの開きを抑える手首とグリップ
  • ボールの高さの調整方法とアプローチの距離感
  • 【重要】物理的スイングを身につけるドリル
  • バンカーショットの基本原理とスイング
  • 足裏の機能を向上させるエクササイズ
  • パターのストローク・道具・目線・ボールの回転
  • 上体、お尻、手元が浮かないインパクトの練習とインパクト後の腕の使い方について
  • 腹斜筋トレーニングで飛距離アップと腰痛予防
  • ボールの位置・スタンスの決め方「主観と客観」
  • グリップの基本的な考え方 / 指と手首 / スライスとフック
  • 物理的スイングを習得する、ブンブンヘッドを使った練習方法
  • ゴルフスイング力を高める体幹部を中心としたトレーニング
  • 「ドライバーの打ち方をまとめて解説!」
  • 新・1stステップ「ヘッドを走らせる物理的原理(コツ)を掴むドリル」
  • チューブを使った飛ばしのコツ修得エクササイズ
  • スイングの応用「アプローチのざっくりを予防する体の使い方」
  • 理想動作の自動化エクササイズ「始動」
  • 「振り遅れの直し方・自然なタメ・アームローテーション」に使える体幹エクササイズ
  • 「体幹エクササイズでフェースコントロールを磨く」

 

「ゴルフスイング物理学」で、当サイトの役割は半分もっていかれる・・・

当サイトのコンセプトである、

ゴルフスイング=4スタンス理論×身体の使い方

 

身体の使い方についての解説は、「ゴルフスイング物理学」の方が分かり易いです。

動画で詳しく解説されていますので、当然です。

ゴルフスイング物理学のレッスン動画を購入されると、当サイトの目的の半分は役割を終えることになります・・・・。

 

特に4スタンス理論のA1タイプの人は、何気ない発言の中にヒントを見付けることが出来ると思います。

「ゴルフスイング物理学」でゴルフスイングの見直し・改善を行えば、新しいスイングに生まれ変われるはずです!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。