4スタンス理論の基本

【4スタンス理論B2タイプ】ルイ・ウーストハイゼンのスイング解説

ルイ・ウーストハイゼンのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論B2タイプのルイ・ウーストハイゼン選手のスイング解説です。

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

B2タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

 

ルイ・ウーストハイゼンのアドレス

ドライバーのアドレス

ルイ・ウーストハイゼン1膝を伸ばしたB2タイプのアドレス

 

B2タイプのアドレスの特徴は、丹田(へその下)と足首が一直線になること。

ルイ・ウーストハイゼン選手は、膝を伸ばした状態でB2タイプのアドレスを取っています。

膝を大きく曲げるか、膝を伸ばすか、Bタイプは2通りのアドレスが存在します。

 

アイアンのアドレス

ルイ・ウーストハイゼン2アイアンは膝を曲げている

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、アイアンのアドレス(写真はウェッジ)は膝を曲げています。

どちらにしても、B2タイプのアドレスを正しく取れていると言えます。

 

ルイ・ウーストハイゼンのバックスイング

右膝固定の動き

ルイ・ウーストハイゼン3右膝の動きは小さめ

 

Bタイプのバックスイングの特徴は、膝を大きく動かすこと。

ルイ・ウーストハイゼン選手は、アドレスで膝を伸ばしているため、膝の動きは小さめです。

 

ルイ・ウーストハイゼン4棒立ちのスイングのように見えてしまう

 

膝を伸ばしているアドレスのため、初心者の棒立ちスイングのように見えてしまいます。

棒立ちのように見えても、右足でしっかり地面を踏ん張っています。

 

トップでフェースは正面を向いている

ルイ・ウーストハイゼン5フェースは正面を向いている

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、トップでフェースは正面を向いています。

オーソドックスなトップの形です。

アマチュアゴルファーが、フェースが正面を向くトップの形が理想です。

 

ルイ・ウーストハイゼンの切り返し

フェースを開く動きを入れている

ルイ・ウーストハイゼン6切り返しでフェースを開く

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、切り返しの動きの中でフェースを開いています。

切り返しの動きの中でフェースを開ける動きを入れていますので、パッシブトルクが発生するスイングです。

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

右肘の動きも小さい

ルイ・ウーストハイゼン7Aタイプに近い肘の動き

 

Bタイプの特徴は、肘を大きく動かすこと。

ルイ・ウーストハイゼン選手は、肘の動きが小さくAタイプの動きに近いスイングをしています。

膝を伸ばしたアドレスの影響で、肘・膝の可動域が制限されているためと思われます。

 

ルイ・ウーストハイゼンのインパクト

右手首が右股関節前でインパクト

ルイ・ウーストハイゼン8Bタイプの綺麗なインパクト

 

Bタイプのインパクトの特徴は、右手首が右股関節前でむかえること。

ルイ・ウーストハイゼン選手は、Bタイプの綺麗なインパクトをむかえています。

 

左足の内側が浮くインパクト

ルイ・ウーストハイゼン9ベタ足に近いインパクトと言える

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、ややベタ足に近いインパクトと言えます。

足の内側が浮いていますが、上(地面を蹴る動き)にも後ろ(お尻を引く動き)にも力を逃がしていないために、このような動きになります。

膝を伸ばしたアドレスによる影響と言えます。

 

ルイ・ウーストハイゼンのフィニッシュ

左股関節を支点に身体を伸ばしている

ルイ・ウーストハイゼン10左股関節を支点にしている

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、左股関節を支点に身体を伸ばしています。

オーソドックスなインパクトです。

ややベタ足からのオーソドックスなインパクトの形は、アマチュアゴルファーがお手本にしたいおすすめの形です。

 

綺麗な逆C字のフォロー

ルイ・ウーストハイゼン11綺麗な逆C字のフォローが取れている

 

クロスタイプの特徴は、逆C字のフォローをとること。

ルイ・ウーストハイゼン選手は、綺麗な逆C字のフォローが取れています。

 

ルイ・ウーストハイゼンのパター

パターのアドレス

ルイ・ウーストハイゼン12B2タイプのアドレスが取れている

 

ルイ・ウーストハイゼン選手は、パターのアドレスもB2タイプの特徴が出ています。

スタンス幅がやや狭めなので、Aタイプのアドレスのようにも見えます。

 

腕と肘

ルイ・ウーストハイゼン13オーソドックスなアドレス

 

ルイ・ウーストハイゼン選手のパターのアドレスは、オーソドックスなタイプで特徴が無いと言えます。

B2タイプの選手は、スタンス幅が広かったり、上体を低く構えたり、何かしらの特徴が見られます。

B2タイプの特徴をキープしつつ大きな特徴が見られないアドレスが、ルイ・ウーストハイゼン選手のパターです。

 

ルイ・ウーストハイゼンのスイング

ルイ・ウーストハイゼン選手のスイングは、ほぼB2タイプの特徴が出ています。

膝を伸ばしたアドレスが一番の特徴と言えます。

B2タイプのアマチュアゴルファーが、膝を大きく曲げるか、膝を伸ばすかを選ぶ場合、体型・体格・柔軟性などが影響してきます。

膝を伸ばすアドレスが合う場合、ルイ・ウーストハイゼン選手のスイングはお手本にすることをおすすめします。

 

ルイ・ウーストハイゼンのクラブセッティング

ドライバー PING G

今回は、PINGおすすめのドライバー G410 PLUSの紹介です。

 

パター PING PLD ZB S プロトタイプ

ルイ・ウーストハイゼン14

PINGおすすめパター VAULT2.0の紹介です。

 

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。