4スタンス理論の基本

ゴルフスイング【4スタンス理論の基本 #B1-2】B1タイプのスイングの特徴

【4スタンス理論】B1タイプのスイングの特徴

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、B1タイプの動きの特徴を解説しました。

【4スタンス理論の基本 #B1-1】B1タイプの動きの特徴

今回は、B1タイプのスイングの特徴を解説します。

 

グリップ

B1タイプの特徴

・手のひら派
・人差し指メイン
・まっすぐ握る

少し手のひら寄りにクラブを添えています

 

B1タイプは、人差し指の第1関節を基準にグリップを添え、まっすぐ握る。

左右ともに、人差し指と中指を中心に手のひらで包み込むように握ると安定する。

 

アドレス

B1タイプの特徴

・P1(首の根っこ)、P3(股関節)、P5(足裏)が基準
・背筋型

アドレスは、P3・P5を揃えて立つ。

腰に張りをもたせるような意識で、若干背中は丸くなる。

両ヒジは、身体の側面に添えると力が出やすい。

 

スイング 基本編

B1タイプの特徴

・縮む派
・後ろ足軸
・腕の位置が低い
・太もも、腕の内旋
・体幹はまっすぐ動かす
・上半身主導型

ヒジ・ヒザ・みぞおちを大きく動かし、肩(肩甲骨)と腰(股関節)の動きは最小限にとどめる意識でスイングする。

体幹は垂直(タテ)に動かす。背骨を1本の軸と感じながら、バックスイングは右半身を上へ伸ばし、ダウンスイングでは左半身を上へ伸ばす意識を持つとスイングが安定する。

ダウンスイングでは、両足の太もも(ヒザ)を近づけるようにスイングする。

ダウンスイングからフィニッシュまで、右手主導でスイングすると安定する。

ダウンスイングで、手を低く下ろすイメージ(ヒジを股関節に近づける感覚)

インパクトは、右手が右股関節の前にきたとき。

ヘッドは、右肩からまっすぐ鋭角に下ろし、インパクトは点で打つ意識。

リズムは、「いち・にっ・さん」捻転差が少ないスイングなので、早いリズムのスイングになる。

 

スイング 応用編

B1タイプの特徴

・ドロー・フェードの打ち分けは、スタンスで調節する
・傾斜地では、地面の傾きに合わせて上体を斜めに構える

パラレルタイプの場合、ドロー・フェードの打ち分けはスタンス重視。ドローならクローズドスタンス、フェードならややオープンスタンスでクラブは目標方向へ降ると打ち分けが可能。上体で引っ張る・流すの打ち分けは難しい。

傾斜地では、傾斜に合わせて腰や肩のラインを傾ける。

 

アプローチ

B1タイプの特徴

・人差し指と中指でショットの感覚を出す
・両ヒジは身体の側面に添える
・バックスイング重視のスイング

基準となるスイング幅は2つ、手首がP1(首)の高さにきたときとP3(腰、股関節)の高さにきたとき

ヒジ・ヒザでスイング。肩(肩甲骨)と腰(股関節)の動きは最小限にとどめる

ヒジは身体の側面に添え、フォローで背中側に抜けることもある

クラブのヘッドとヒザを同調させるイメージで安定感が増す

 

パッティング

B1タイプの特徴

・腰が軸で前傾姿勢が大きい
・コック有り
・フォローを大きく

グリップ(手首)を腰に近づけると安定する

前傾姿勢が大きくなる

コックを使い、アウトトゥアウトの軌道になりやすい

カット軌道になりやすいので、フェース面がまっすぐであることを意識する

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。