4スタンス理論とは

ゴルフスイング【4スタンス理論の基本 #2】AタイプとBタイプの特徴

4スタンス理論のAタイプとBタイプの特徴

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、「4スタンス理論」のかんたんな診断方法について解説しました。

【4スタンス理論の基本 #1】1人でできる診断方法

今回は、「4スタンス理論」の中のAタイプとBタイプの特徴を解説します。

まずは、あなた自身のタイプの特徴を確認してください。

もし余力があれば、あなたと異なるタイプの特徴も知っておいてください。

あなたが自分と異なるタイプの動きをしても、違和感があったり、上手くいかなかったり、最悪の場合は怪我をすることになります。

異なるタイプの動きは、してはいけない動きなのです。

 

Aタイプの特徴

Aタイプの特徴

・P2、P4、P5が基準
・指先派
・伸びる派
・前足軸
・腕の位置が高い

動作の安定は、P2・P4・P5が基準

AタイプのアドレスAタイプは足首・膝・みぞおちが一直線になる

 

5ポイント理論(P1~P5)において、P2・P4・P5が動きの基準になる。

P2(みぞおち)、P4(ひざ)、P5(足底)が1直線に揃うと、安定した動きになる。

サブポイントである、P2サブ(ヒジ)、P3(手首)をP2(みぞおち)やP4(ひざ)に近づけることで安定した動きになる。

 

ゴルフスイングにおいて

・アドレスは、みぞおち、ヒザ、足首が1直線になるように構える。(お尻が後ろに出る)

・スイングは、ヒジをみぞおちに近づける動きが安定につながる。

 

指先派

A1タイプのグリップA1タイプのグリップ

 

A2タイプのグリップA2タイプのグリップ

 

何かを握るとき、指の第2関節がメインジョイントになる。

つまり、指先で引っ掛けるように物をつかんだり持ったりすると安定する。

 

ゴルフスイングにおいて

グリップは、指先で握るフィンガーグリップになる

 

伸びる派

パワーを発揮したり、タイミングを取るとき、カラダを伸ばして使うと上手くいく。

薬を飲むときも、顔を上に向けノドを伸ばして飲む。

 

ゴルフスイングにおいて

トップやフィニッシュで、伸びる意識を持つと安定する

 

前足軸

ジャスティン・トーマス選手のインパクトジャスティン・トーマス選手(A1タイプ)のインパクト

 

力を出すときに、出力側にたいして前足が主軸になる。

タイミングがズレると、前に突っ込むようなフィニッシュになる。

ゴルフスイングにおいて

・スイングは、左足を意識する(特にインパクトゾーン)

・インパクトは、左手が左の股関節の前にきたとき

 

腕の位置が高い

腕を水平に伸ばした方が、上体がスムーズに回る。

これは、上体が伸びる動きと関係する動き。

腕をおろした状態だと、ロックがかかったようになり上体が回らない。

(上体が縮む動きと関係する)

ゴルフスイングにおいて

ハンドアップで打つ

4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

 

Bタイプの特徴

Bタイプの特徴

・P1、P3、P5が基準
・手のひら派
・縮む派
・後ろ足軸
・腕の位置が低い

動作の安定は、P1・P3・P5が基準

BタイプのアドレスBタイプは足首・股関節が一直線になる

 

5ポイント理論(P1~P5)において、P1・P3・P5が動きの基準になる。

P1(首の付け根)、P3(股関節)、P5(足底)が1直線に揃うと、安定した動きになる。

サブポイントである、P2サブ(ヒジ)、P3(手首)をP1(首の根っこ)やP3(股関節)に近づけることで安定した動きになる。

ゴルフスイングにおいて

・スタンスは、股関節と足首が1直線になるように構える。(ヒザが前に出る)

・スイングは、ヒジを股関節に近づける動きが安定につながる。

 

手のひら派

B1タイプのグリップB1タイプのグリップ

 

B2タイプのグリップB2タイプのグリップ

 

何かを握るとき、指の付け根の関節を使って握り込む。

手のひらで包み込むように物をつかんだり持ったりする。

ゴルフスイングにおいて

グリップは、手のひらで握るパームグリップになる

 

縮む派

パワーを発揮したり、タイミングを取るとき、カラダを縮めて使うと上手くいく。

薬を飲むときも、顔を下に向けノドを縮めて飲む。

ゴルフスイングにおいて

ダウンスイングで、縮む意識を持つと力を出しやすい

 

後ろ足軸

ジェイソン・デイ選手のインパクトジェイソン・デイ選手のインパクト

 

力を出すときに、出力側にたいして後ろ足が主軸になる。

ゴルフスイングにおいて

・スイングは、右足を意識する(特にインパクトゾーン)

・インパクトは、右手が右の股関節の前にきたとき

 

腕の位置が低い

腕をおろした方が、上体がスムーズに回る。

これは、上体が縮む動きと関係する動き。

腕を水平に伸ばした状態だと、ロックがかかったようになり上体が回らない。

(上体が縮む動きと関係する)

ゴルフスイングにおいて

ハンドダウンで打つ

 

AタイプとBタイプのまとめ

AタイプとBタイプの違い

・「指先」か「手のひら」か

・「伸びる」か「縮む」か

・「前足軸」か「後ろ足軸」か

・動きの基準が「みぞおち・ヒザ」か「首・腰」か

・腕の位置が「高い」か「低い」か

AタイプとBタイプでは、動きが真逆になります。

あなたと同じタイプの動きを身に付けてください。

 

そして、あなたと異なるタイプの動きは、あなたがやってはいけない動きです。

パフォーマンスの低下はもちろん、最悪の場合ケガの原因にもなりますので、覚えておくと便利です。

4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

 

パッシブトルク打法もAタイプとBタイプで異なる

パッシブトルク打法#2

 

最新のおすすめ記事です。

最近、話題になっているパッシブトルク打法。

実は、パッシブトルク打法はAタイプとBタイプで身体の使い方も見た目のスイングも大きく異なります。

パッシブトルクの原理も合わせて分かりやすく解説しています。

 

 

 

ゴルフの為のホットヨガ!
男性も通えるヨガスタジオ
身体が固すぎて、1人でストレッチが出来ない・・・
自宅だと三日坊主になってしまう・・・
専門家に指導して欲しい・・・
もし、あなたがストレッチに対して悩まれているのであれば、ホットヨガに通うことをおすすめします!
男性も気軽に通えるホットヨガスタジオを厳選しました!
ホットヨガ・ストレッチに最適な環境で、効率的に柔軟性を高めることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。