4スタンス理論の基本

ゴルフスイング【4スタンス理論の基本 #A2-1】A2タイプの動きの特徴

【4スタンス理論】A2タイプの動作特性

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回から、「4スタンス理論」のA2タイプの身体動作の特徴について解説します。

※「4スタンス理論」のタイプ診断についてはこちら

【4スタンス理論の基本 #1】1人でできる診断方法

 

身体動作の特徴は、ゴルフに限らず他の競技や日常生活にも当てはまります。

特徴を理解することで、スイング中のイメージをつくりやすくなります。

 

Aタイプの特徴

Aタイプの特徴

・P2、P4、P5が基準(P1、P3、P5)
・指先派(手のひら派)
・伸びる派(縮む派)
・前足軸(後ろ足軸)
・腕の位置が高い(低い)

※カッコ内は、Bタイプの特徴です。

動作の安定は、P2・P4・P5が基準

P2(みぞおち)、P4(ひざ)、P5(足底)が1直線に揃うと、安定した動きになる。

サブポイントである、P2サブ(ヒジ)、P3(手首)をP2(みぞおち)やP4(ひざ)に近づけることで安定した動きになる。

ゴルフスイングにおいて

・スタンスは、背中(みぞおちの裏側)、ヒザ、足首が1直線になるように構える

・スイングは、ヒジをみぞおちに近づける動きが安定につながる。

 

指先派

何かを握るとき、指の第2関節を折って握り込む。

つまり、指先で引っ掛けるように物をつかんだり持ったりする。

ゴルフスイングにおいて

グリップは、指先で握るフィンガーグリップになる

 

伸びる派

パワーを発揮したり、タイミングを取るとき、カラダを伸ばして使うと上手くいく。

薬を飲むときも、顔を上に向けノドを伸ばして飲む。

ゴルフスイングにおいて

トップやフィニッシュで、伸びる意識を持つと安定する

 

前足軸

力を出すときに、出力側にたいして前足が主軸になる。

ゴルフスイングにおいて

・スイングは左足を意識する

・インパクトのとき、グリップが左の股関節よりになる

 

腕の位置が高い

腕を水平に伸ばした方が、上体がスムーズに回る。

これは、上体が伸びる動きと関係する動き。

腕をおろした状態だと、ロックがかかったようになり上体が回らない。

(上体が縮む動きと関係する)

ゴルフスイングにおいて

ハンドアップで打つ

 

2タイプの特徴

2タイプの特徴

・薬指メイン(人差し指)
・太ももの外旋(内旋)
・腕の外旋(内旋)

※カッコ内は、1タイプの特徴です。

 

薬指メイン

何かを持ったりつまむとき、薬指と中指がメインになる。

薬指と中指で持つと、安定するし力も出しやすい。

ゴルフスイングにおいて

グリップは、薬指と中指の2本をメインに握る

 

太ももの外旋

イスから立ち上がったり股関節を内旋させるとき、太ももを外側に回す(外旋)とスムーズに動ける。

太ももを外側に回す動きは、両ヒザ(太もも)を左右に離す動き。

ゴルフスイングにおいて

スイング中、両ヒザを外側に向ける意識があるとスイングが安定し力を出しやすくなる。

腕の外旋

腕をグルグル回すとき、前から後ろへ回すほうが楽。

立位体前屈をするとき、腕を前から後ろへ回すと深く曲がる。

ゴルフスイングにおいて

アドレスに入るとき、腕を前から後ろへ回す動きをいれると、安定したアドレスをとれる。

 

パラレルタイプの特徴

パラレルタイプ(A2、B1)の特徴

・真っ直ぐ握る(斜め)
・カラダを真っ直ぐ動かす(斜めにねじる)
・力を出すとき、手や足首を背屈させる背筋型(腹筋型)
・先端とカラダが同調して動く上半身主導型(下半身主導型)
・感覚が直線的で前後や上下の動き(曲線的)

※カッコ内は、クロスタイプ(A1、B2)の特徴です。

 

まっすぐ直角に握る

物を握るとき、手のひらに対して真っ直ぐ握ると安定し力を入れやすい

ゴルフスイングにおいて

グリップは、手のひらに対して真っ直ぐ握る

 

カラダをまっすぐ動かす

何か動作をするとき、腕をまっすぐ前後へ振り体幹と同調する動きをすると安定する。

足を前方に上げるとき、まっすぐ上げるとより高く上がる。

ゴルフスイングにおいて

スイング全体を、直線的な意識で動かすとリズムが安定する

 

力を出すとき、腕や手首を外側に向ける背筋型

腹筋をするとき、腕を耳の後ろに添えるとやりやすい。

背中(みぞおちの後ろ側)に意識を持つと、動きが安定する。

ゴルフスイングにおいて

アドレスは、背中がまっすぐ

直線的に上から振り下ろす動きのため、インパクトゾーンは点でボールを捉える感覚になる

 

先端とカラダが同調して動く、上半身主導型

常に動きのなかで先端部分とカラダが同調して動くため、直線的な動きになる。

ゴルフスイングにおいて

・コックを使う打ち方が合う

・トップからの切り返しでは上半身と下半身と同調して始動し、捻転差が小さいスイングになる

 

動きの感覚が直線的で、縦の動き

腕や足と同様、体幹も直線的な動きをする。

身体は、縦(前後・上下)の動きでリズムが取れて安定した動きになる。

ゴルフスイングにおいて

スイング全体を、直線的な意識で動かすとリズムが安定する

 

A2タイプ専用!永久不滅のバイブル「モダン・ゴルフ」

主に1940~1950年代に活躍しメジャー9勝(2018年現在、歴代4位)の実力者、ベン・ホーガンがアメリカの雑誌に連載したゴルフスイングの理論をまとめたものです。

※英題:Five Lessons, Modern Fundamentals of Golf

最も多くのゴルファーに読まれた「ゴルフの手引書」として有名です。

しかしながら、一部のゴルファーからは否定的な意見もあり、彼のゴルフ理論は賛否両論です。

それもそのはず。

ベン・ホーガンは、A2タイプのプレイヤーです。

A2タイプのゴルファーにとっては、必読の解説書です。

※当サイトの解説も、モダン・ゴルフを参考にしています。

 

グリップの解説が、若干A1タイプの解説になっている?

わたしも、モダン・ゴルフは熟読しました。

1点だけ疑問が残るのが、グリップの解説が若干ながらA1タイプ寄りの解説になっていることです。

つまり、左手グリップの解説が、「指先」「斜め握り」の解説になっています。

A2タイプは、「指先」「まっすぐ握り」が正解です。

ベン・ホーガンは、もともとクセのある極端なフックグリップで、ボールの軌道が安定しないことに悩んでいたそうです。

そういった経緯も原因なのか、グリップの解説のみは注意して読んでください。

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。