4スタンス理論の基本

【4スタンス理論A2タイプ】ラファ・カブレラベローのスイング解説

ラファカブレラベローのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A2タイプのラファ・カブレラベロー選手のスイング解説です。

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

A2タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

ラファ・カブレラベローのアドレス

ドライバーのアドレス

ラファ・カブレラベロー1ほぼA2タイプのアドレスを取っている

 

A2タイプの特徴は、背中・膝・足首が一直線になること。

ラファ・カブレラベロー選手のアドレスは、ほぼA2タイプの特徴が出ているアドレスを取れている。

ドライバーのアドレスでは、少し膝を曲げて地面をしっかり踏ん張っている。

 

アイアンのアドレス

ラファ・カブレラベロー2綺麗なA2タイプのアドレスが取れている

 

ラファ・カブレラベロー選手のアイアンのアドレスは、綺麗なA2タイプのアドレスが取れている。

 

ラファ・カブレラベローのバックスイング

右膝をほとんど動いていない

ラファ・カブレラベロー3膝を固定したAタイプの動きが取れている

 

Aタイプのバックスイングの特徴は、右膝を動かさないこと。

ラファ・カブレラベロー選手のバックスイングは、右膝を固定したAタイプの動きが出来ています。

スタンス幅がやや狭めなのもA2タイプの特徴です。

 

標準的なトップの形

ラファ・カブレラベロー4バランスの取れたトップの形が取れている

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ラファ・カブレラベロー選手のトップの形はバランスのとれた標準的な形と言えます。

下半身を大きく使うわけでもなく、肘や手首を大きく使うわけでもなく、バランスよく体全体を使ったトップの形が取れています。

 

ラファ・カブレラベローの切り返し

トップでフェースが開いている

ラファ・カブレラベロー5トップでフェースが上を向いている

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ラファ・カブレラベロー選手はトップでフェースを開いています。

トップでフェースを開く形は、Aタイプがパッシブトルク打法を行うときの特徴です。

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

切り返しではそのまま

ラファ・カブレラベロー6切り返しで目立った動きはしていない

 

ラファ・カブレラベロー選手の切り返しは、目立った動きはありません。

トップでフェースを開いているので、そのままダウンスイングに移っています。

右肘と左肘との距離をキープしたままインパクトに向かいます。

 

ラファ・カブレラベローのインパクト

左手首が左膝前でインパクト

ラファ・カブレラベロー7綺麗なAタイプのインパクトが取れている

 

Aタイプのインパクトの特徴は、左手首が左膝(左股関節)の前にきたときです。

ラファ・カブレラベロー選手のインパクトは、Aタイプの特徴が綺麗に現れています。

 

ほぼベタ足のインパクト

ラファ・カブレラベロー8下半身は、ほぼベタ足の動き

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ラファ・カブレラベロー選手のインパクトはほぼベタ足です。

左足で地面を蹴る力・お尻を引く力のバランスが取れています。

膝が綺麗に伸びきっているので、それなりの強い力で地面を蹴っていることが伺えます。

 

ラファ・カブレラベローのフィニッシュ

身体の軸が一直線になる理想的なフィニッシュ

ラファ・カブレラベロー9左肩を支点にして一直線になるフィニッシュ

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ラファ・カブレラベロー選手のフィニッシュは身体が一直線になる理想的なフィニッシュを取っています。

A2タイプの特徴は、インパクトゾーンが短いことです。

A2タイプは身体の左側面を伸ばしながらインパクトを迎えるので、身体が一直線になりやすいと言えます。

 

まっすぐI字のフォロー

ラファ・カブレラベロー10上体が左足に乗り切っている綺麗なI字フォロー

 

A2タイプのフォローは、身体が左足に乗ったI字が特徴です。

ラファ・カブレラベロー選手も、綺麗なI字のフォローが取れています。

 

ラファ・カブレラベローのパター

パターのアドレス

ラファ・カブレラベロー11綺麗なA2タイプのアドレスが取れている

 

ラファ・カブレラベロー選手は、パターのアドレスも綺麗にA2タイプの特徴が出ています。

グリップも標準的な握り方をしています。

 

肘を脇に添えて、腕は5角形

ラファ・カブレラベロー125角形になっている

 

肘を脇に添えて腕が5角形になるのがA2タイプの特徴です。

ラファ・カブレラベロー選手の場合は、肘を少し脇から離した状態で5角形を作っています。

※A1タイプは、肘をみぞおちに近づけるので腕は三角形に近くなります。

 

ラファ・カブレラベローのスイング

ラファ・カブレラベロー選手のスイングは、ほぼA2タイプの特徴のみです。

A2タイプのゴルファーには、お手本となる綺麗なスイングと言えます。

 

トップでフェースを開いているスイングは、右肩まわりの柔軟性が必要です。

無理にフェースを開く必要はありませんが、パッシブトルク打法を身につけるためにもストレッチをおすすめします。

【肩甲骨まわりのストレッチ】

【肩・腕・肘まわりのストレッチ】

 

ラファ・カブレラベローのクラブセッティング

ドライバー タイトリストTS3

 

パター スコッティキャメロン フューチュラ5W

はっきりとした情報が得られませんが、写真を見る限りフューチュラ5Wだと思われます。

 

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。