4スタンス理論の基本

【4スタンス理論A2タイプ】ブルックス・ケプカのスイング解説

ブルックス・ケプカのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A2タイプのブルックス・ケプカ選手のスイング解説です。

2019年、全米プロ選手権優勝おめでとうございます!

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

A2タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

ブルックス・ケプカのアドレス

ドライバーのアドレス

ブルックス・ケプカ1A2とB2の中間アドレス

 

A2タイプのアドレスの特徴は、背中・膝・足首が一直線になること。

ブルックス・ケプカ選手は、B2タイプのアドレス(丹田と足首が一直線)に近いアドレスになっています。

※膝を曲げてアドレスをとると、Bタイプに近いアドレスになります。

 

アイアンのアドレス

ブルックス・ケプカ2アイアンもB2タイプに近い

 

ブルックス・ケプカ選手は、アイアンのアドレスもB2タイプに近いです。

写真は斜めからの角度ですが、ドライバーと同じく膝が前に出ていてA2タイプのアドレスとは異なると言えます。

 

ブルックス・ケプカのバックスイング

右膝固定の動き

ブルックス・ケプカ3右膝はほぼ固定されている

 

ブルックス・ケプカ4右膝が上下左右に動いていないことが分かる。

 

Aタイプの特徴は、右膝を固定したバックスイングをとること。

ブルックス・ケプカ選手は、Aタイプの特徴である右膝固定のバックスイングをしています。

B2タイプに近いアドレスから、右膝固定のAタイプのバックスイングをするのは松山英樹選手と同じです。

 

トップのフェースの向きは

ブルックス・ケプカ5フェースは上を向いている

 

ブルックス・ケプカ選手は、トップでフェースを上に向けています。

フェースを上に向けた状態でスイングすると、スムーズにパッシブトルクを発生させることができます。

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

ブルックス・ケプカの切り返し

フェースは上を向いたままキープ

ブルックス・ケプカ6上を向いた状態をキープできている

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、トップで上を向いたフェースをそのままキープして切り返しをおこなっています。

この動きは、肩まわりの柔軟性が必要な動きです。

【肩甲骨まわりのストレッチ】

【肩・腕・肘まわりのストレッチ】

 

右肘の動きはBタイプに近い

ブルックス・ケプカ7ヘッドが後方へ動いている

 

Aタイプの特徴は、右肘をあまり使わない切り返しをします。

ブルックス・ケプカ選手は、Bタイプに近い肘の使い方(弧を描くように動かす)をしています。

切り返しで、ヘッドが後方へ動くのは肘を使うBタイプの特徴です。

 

ブルックス・ケプカのインパクト

左手首と左膝

ブルックス・ケプカ8インパクトはAタイプの特徴が出ている

 

Aタイプのインパクトの特徴は、左手首が左膝(左股関節)前でむかえます。

ブルックス・ケプカ選手は、右肘の動きはBタイプに近い動きをしていますが、インパクトはAタイプの特徴が出ています。

 

左足はほぼベタ足のインパクト

ブルックス・ケプカ9ほぼベタ足でインパクトをむかえている

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ブルックス・ケプカ選手はベタ足でインパクトをむかえています。

ヒップターンの動きは、左足で地面を蹴る力とお尻を引く力のバランスが取れているといえます。

 

ブルックス・ケプカのフィニッシュ

肩を支点に一直線の理想的なフィニッシュ

ブルックス・ケプカ10身体が一直線になる理想的なフィニッシュ

 

これも4スタンス理論とは関係ありませんが、ブルックス・ケプカ選手は肩を支点に身体が一直線になる理想的なフィニッシュが取れています。

ベタ足インパクトで身体が一直線になるフィニッシュは、アマチュアゴルファーにとって理想的なスイングと言えます。

同じフィニッシュを取る選手には、キャメロン・チャンプ選手などがいます。

 

綺麗なI字型のフォロー

ブルックス・ケプカ11綺麗なI字型のフォローが取れている

 

パラレルタイプ(A2、B1)の特徴は、身体がまっすぐのI字型のフォローをとること。

ブルックス・ケプカ選手は、綺麗なI字型のフォローが取れています。

 

ブルックス・ケプカのパター

パターのアドレス

ブルックス・ケプカ12A2タイプのアドレスが取れている

 

ブルックス・ケプカ選手のパターは、A2タイプの特徴が出ています。

ドライバーやアイアンはB2タイプに近いアドレスでしたが、パターは綺麗なA2タイプのアドレスです。

 

肘を前に出したアドレス

ブルックス・ケプカ13肘をやや前方へ出したアドレス

 

A2タイプのパターは、両肘を身体の側面へ寄せて腕が5角形になります。

ブルックス・ケプカ選手は、両肘を前方へ出してアドレスを取っています。

ダスティン・ジョンソン選手のパターのアドレスと似ています。

 

ブルックス・ケプカのスイング

ブルックス・ケプカ選手のスイングは、一部B2タイプの動きが混ざった混合型です。

アドレスは大きく膝を曲げているためB2タイプの特徴が見られますし、切り返しの右肘の動きはBタイプの動きが見られます。

左足がベタ足のインパクトで身体が一直線になるフィニッシュは、アマチュアゴルファーが参考にしたいスイングです。

再現するのは難しい動きではありますが、チャレンジする価値はあります。

 

ブルックス・ケプカのクラブセッティング

ドライバー テーラーメイド M5

 

パター スコッティキャメロン ツアー限定モデル

ブルックス・ケプカ選手のパターは、スコッティキャメロンのツアーモデルです。

非売品のため、スコッティキャメロンのお勧めパターを紹介します。

 

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。