A1タイプ

【4スタンス理論A1タイプ】ザンダー・シャウフェレのスイング解説

ザンダー・シャウフェレのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A1タイプのザンダー・シャウフェレ選手のスイング解説です。

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

A1タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

ザンダー・シャウフェレのアドレス

ドライバーのアドレス

ザンダー・シャフレ1A1タイプのアドレスが取れている

 

A1タイプのアドレスの特徴は、みぞおち・膝・足首が一直線になることです。

ザンダー・シャウフェレ選手のドライバーのアドレスは、A1タイプの特徴が綺麗に出ています。

 

アイアンのアドレス

ザンダー・シャフレ2アイアンのアドレスもA1タイプの特徴が出ている

 

ザンダー・シャウフェレ選手は、アイアンのアドレスもA1タイプの特徴が綺麗に出ています。

クラブの種類によって少しズレる選手もいますが、ザンダー・シャウフェレ選手の場合は全てのクラブでA1タイプのアドレスが取れています。

 

ザンダー・シャウフェレのバックスイング

右膝を動かさないAタイプの動き

ザンダー・シャフレ3右膝はほとんど動かしていない

 

Aタイプの特徴は、膝をほとんど動かさないでバックスイングをします。

ザンダー・シャウフェレ選手も、ほぼ右膝を動かすことなくバックスイングをしています。

 

右足で地面を斜めに踏ん張っている

ザンダー・シャフレ4やや地面を斜めに踏ん張っている

 

ザンダー・シャウフェレ選手のバックスイングは、右腰が引けて左膝を大きく曲げているように見えます。

この動きは、右足で地面を斜めに踏ん張っている場合に見られます。

右腰を引いているわけではなく、左足で地面を踏ん張っているわけでもありません。

右足で地面を斜めに踏ん張っている動きの特徴です。

 

右足で地面を斜めに踏み込む動きは、キャメロン・チャンプ選手のスイング解説を参考にしてください。
キャメロン・チャンプ選手のスイングをどこよりも分かりやすく

ザンダー・シャウフェレの切り返し

トップでフェースは少しだけ開いている

ザンダー・シャフレ5トップではフェースはほぼ正面を向いている

 

ザンダー・シャフレ6切り返しで少しだけフェースを開く動きを入れている

 

ザンダー・シャウフェレ選手は、トップで少しだけフェースを開いているように見えます。

切り返しで、さらに少しだけフェースを開く動きを入れています。

小さい動きなので分かりにくいですが、しっかりパッシブトルク打法を取り入れていることは確かです。

 

パッシブトルク打法についての詳しい解説はこちらから

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

右肘の動きは直線的

Aタイプの特徴は、スイング中に肘を大きく動かさないこと。

ザンダー・シャウフェレ選手は、切り返しの動きの中で肘はほとんど動かしていません。

両腕の三角形をキープする、両肘を締めたままスイングするなどと表現される動きです。

 

ザンダー・シャウフェレのインパクト

左膝のやや手前でインパクトをむかえている

ザンダー・シャフレ7左右の股関節の中間点でインパクトを迎えている

 

Aタイプの特徴は、左手首が左膝(左股関節)前でインパクトをむかえます。

ザンダー・シャウフェレ選手は、左膝より少し手前でインパクトをむかえています。

ちょうど左右の股関節の中間点あたりです。

Bタイプは右手首が右股関節前でインパクトをむかえますが、そこまでの動きは見られません。

 

左足はベタ足インパクト

ザンダー・シャフレ8綺麗なベタ足インパクト

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、ザンダー・シャウフェレ選手は綺麗なベタ足インパクトです。

左足で地面を蹴る力と、お尻を引く力をバランスよく使っている動きです。

※左足で地面を蹴る動きを重視すると、かかとが浮きます。

※お尻を引く動きを重視すると、つま先が浮きます。

 

ザンダー・シャウフェレのフィニッシュ

オーソドックスなフィニッシュ

ザンダー・シャフレ9左股関節を支点にしたフィニッシュ

 

4スタンス理論とは関係ありませんが、左肩から足首まで一直線になる動きが理想的なフィニッシュです。

ザンダー・シャウフェレ選手は、左股関節を支点にしたオーソドックスなフィニッシュを取っています。

 

インパクトゾーンも長い

A1タイプの特徴は、インパクトゾーンが長いことです。

ザンダー・シャウフェレ選手も、インパクトゾーンの長さが目立ちます。

特別な打ち方をしているわけではなく、A1タイプのスイングをすれば自然にインパクトゾーンが長くなるフィニッシュになるということです。

 

逆C字の綺麗なフォロー

ザンダー・シャフレ10逆C字の綺麗なフォロー

 

クロスタイプの特徴は、フォローで逆C字になります。

ザンダー・シャウフェレ選手も、綺麗な逆C字のフォローを取れています。

※パラレルタイプ(A2,B1)は、真っ直ぐのI字フォローになります。

 

ザンダー・シャウフェレのパター

パターのアドレスはA2タイプに近い

ザンダー・シャフレ11みぞおちより背中寄り

 

ザンダー・シャウフェレ選手のパターのアドレスは、A2タイプに近い姿勢になっています。

A2タイプのアドレスは、背中・膝・足首が一直線になります。

 

グリップはクロスグリップ

ザンダー・シャフレ12パターはクロスグリップ

 

ザンダー・シャウフェレ選手のグリップは、右手と左手の位置が通常と逆になるクロスグリップです。

パターのグリップは種類も多く、4スタンス理論とは関係なく本人の感覚の問題といえます。

両脇を締めて、両肘をみぞおちに近づける姿勢がA1タイプのパターの特徴ですが、ザンダー・シャウフェレ選手もその特徴が出た打ち方をしています。

 

ザンダー・シャウフェレはほぼA1タイプのスイング

ザンダー・シャウフェレ選手のスイングは、ほぼA1タイプのスイングを言えます。

パターのアドレスがA2タイプに近いことと、インパクトを左膝より少し手前で迎えていることが相違点です。

バックスイングで地面を斜めに踏ん張り、バランスのとれたベタ足でインパクトをむかえる動きは、アマチュアゴルファーがお手本にしたい下半身の動きと言えます。

 

ザンダー・シャウフェレのクラブセッティング

ドライバー キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ

 

パター オデッセイ オーワークス レッド#7CH

 

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。