A1タイプ

ゴルフスイング【4スタンス理論の基本 #A1-2】A1タイプのスイングの特徴

4スタンス理論のA1タイプのスイングの特徴

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

前回は、A1タイプの動きの特徴について解説しました。

【4スタンス理論の基本 #A1-1】A1タイプの動きの特徴

今回は、A1タイプのスイングの特徴を解説します。

 

グリップ

A1タイプの特徴

・指先派
・人差し指メイン
・斜めに握る

A1タイプのグリップ

 

A1タイプは、人差し指の第2関節を基準にグリップを添え、斜めに握る。

左右ともに、人差し指と中指を中心に握ると安定する。

アドレス

A1タイプの特徴

・P2(みぞおち)、P4(ヒザ)、P5(足裏)が基準
・腹筋型

アドレスは、P2・P4・P5を揃えて立つ。

みぞおちに意識を集中させると、スイング軸が安定する。

両ヒジは、身体の前で締めるようにすると力が出やすい。

 

スイング 基本編

A1タイプの特徴

・伸びる派
・前足軸
・腕の位置が高い
・太もも、腕の内旋
・斜めにねじる
・下半身主導型

肩(肩甲骨)と腰(股関節)を大きく動かし、みぞおち・ヒジ・ヒザの動きは最小限にとどめる意識でスイングする。

体幹はクロスさせる動き。バックスイングは左ヒザと右肩を離すように動かし(右半身を伸ばす)、ダウンスイングでは右ヒザと左肩を離すように動かす(左半身を伸ばす)とスイングが安定する。

ダウンスイングでは、両足の太もも(ヒザ)を近づけるようにスイングする。

ダウンスイングからフィニッシュまで、左手主導でスイングすると安定する。

インパクトは、左手が左股関節の前にきたとき。

インパクトからフィニッシュで全身を伸び上がるようにすると力を伝えやすい。

ヘッドは、右肩から遠回りをするように鈍角に下ろし、インパクトゾーンは長くなる。インパクト後も低く長く押し出す。

リズムは、「いーちぃ・にぃ」捻転差が生じやすいスイングなので独特の間(ま)ができる。

松山英樹選手は、「いーちぃ」の間(ま)が非常に大きいが、A1タイプの特徴に合っている。

4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

スイング 応用編

A1タイプの特徴

・ドロー・フェードの打ち分けは、スタンスはそのままで上体のスイングで調節する
・傾斜地では、傾きを気にせず水平をたもったまま構える

クロスタイプの場合、ドロー・フェードの打ち分けは比較的容易。スタンスは飛球線に対してスクエアに構え、上体で引っ張るか流すかで打ち分けができる。

傾斜地では、傾斜に合わせて腰や肩のラインを傾ける必要はない。重心が掛かっていない方の足を少し引いて構えるとよい。

 

アプローチ

A1タイプの特徴

・人差し指と中指でショットの感覚を出す
・両ヒジはみぞおちの前に近づける
・フォロー重視のスイング

基準となるスイング幅は、ヒジがみぞおちの高さ(腕が地面と水平になる高さ)

肩(肩甲骨)と腰(股関節)でスイング。ヒジ・ヒザの動きは最小限にとどめる

ヒジとみぞおちがなるべく離れないように意識すると安定する

 

パッティング

A1タイプの特徴

・みぞおちが軸
・ノーコック
・フォローを大きく

みぞおちにヒジを近づける

ノーコックで、真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す

インパクトでは、低く押し転がすイメージ

軌道は、ほぼストレート・トゥ・ストレートかややインサイドイン

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。