A1タイプ

【4スタンス理論A1タイプ】ジョーダン・スピースのスイング解説

ジョーダン・スピースのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A1タイプのジョーダン・スピース選手のスイング解説です。

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った解説になります。

A1タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

ジョーダン・スピースのアドレス

ドライバーのアドレスはA2タイプに近い

ジョーダン・スピース1見た目はA2タイプのアドレス

 

A1タイプのアドレスは、みぞおち・膝・足首が一直線になる姿勢が特徴です。

ジョーダン・スピース選手の場合は、背中・膝・足首が一直線になるA2タイプのアドレスを取っています。

 

アイアンはA1タイプとA2タイプの中間

ジョーダン・スピース2少し斜めからの画像だが、A1とA2の中間と言える

 

アイアンのアドレスは、A1とA2の中間と言える姿勢です。

ジョーダン・スピース選手は、A2タイプのアドレスの姿勢を基準としているように思われます。

 

ジョーダン・スピースのバックスイング

右膝を動かさないAタイプの動き

ジョーダン・スピース3右膝はほとんど動かさず、膝もそれほど曲げていない

 

Aタイプの特徴は、右膝をほとんど動かさないでバックスイングをします。

ジョーダン・スピース選手も、ほぼ右膝を動かすことなくバックスイングをしています。

また、膝をあまり曲げていないことも特徴的です。

 

トップで左肘を軽く曲げている

ジョーダン・スピース4右肘を軽く曲げている

 

Aタイプの特徴は、左肘はまっすぐ伸ばしたままスイングします。

ジョーダン・スピース選手の場合、トップで軽く左肘を曲げています。

クロスタイプの特徴である、背中を反る動きも正面からだと確認できません。

A1タイプとは少し違うトップの姿勢と言えます。

他のタイプにも当てはまらない独自色が強いトップの姿勢です。

 

ジョーダン・スピースの切り返し

切り返しで軽くフェースを開く

ジョーダン・スピース5トップの位置ではフェースは正面を向いている

 

ジョーダン・スピース選手は、トップの位置ではフェースが正面を向いています。

オーソドックスなトップの姿勢と言えます。

切り返しで少しだけフェースを開ける動きを入れてパッシブトルク打法を行っています。

 

パッシブトルク打法についての詳しい解説はこちら

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

少しだけ右肘を使ったスイングをしている

Aタイプの特徴は、肘をなるべく使わないでスイングします。

ジョーダン・スピース選手は、少しだけですが肘を使ったスイングをしています。

Bタイプの選手ほど肘を使うスイングはしていません。

※肘を使う=右肘を弧を描くように動かしてスイングするBタイプの動き

 

ジョーダン・スピースのインパクト

左手首が左膝(左股関節)前でインパクト

ジョーダン・スピース6左手首と左膝がきれいに並んでいる

 

Aタイプの特徴は、左手首が左膝(左股関節)前でインパクトをむかえます。

ジョーダン・スピース選手も、Aタイプの特徴通りのインパクトをむかえています。

 

内側が浮く左足の使い方

ジョーダン・スピース7左足の内側が浮いている

 

インパクト前後の左足は、ベタ足・つま先が浮く・かかとが浮くの3通りが基本です。

ジョーダン・スピース選手の場合は、内側全体が浮いています。

これは、お尻を後ろに引くのではなく、斜め後ろに引いたときに見られる動きです。

ジョーダン・スピース8フィニッシュではつま先が浮く

 

フィニッシュではつま先が浮いていますので、お尻を引く動きに重点をおいた動きと言えます。

ジョーダン・スピース選手のヒップターンは、お尻を後ろに引かないで斜め後ろに引く動きが特徴と言えます。

 

ジョーダン・スピースのフィニッシュ

インパクトゾーンが長い

ジョーダン・スピース9両腕が伸びきるタイミングが非常に遅い

 

もともとA1タイプはインパクトゾーンが長いことが特徴です。

ジョーダン・スピース選手は、他のA1タイプの選手よりインパクトゾーンが長いことが特徴です。

ジョーダン・スピース11アイアンのフィニッシュ

 

ヒップターンの動きと関連していると言えます。

※両腕が伸びきるタイミングがフィニッシュと考えた場合

 

逆C字のフォロー

ジョーダン・スピース10綺麗な逆C字のフォロー

 

クロスタイプの特徴は、フォローで逆C字になります。

ジョーダン・スピース選手は、綺麗な逆C字を取っています。

 

ジョーダン・スピースのパター

パターのアドレスもA1とA2の中間

ジョーダン・スピース12A1とA2の中間のアドレス

 

ジョーダン・スピース選手は、パターのアドレスもA1タイプとA2タイプの中間の姿勢を取っています。

 

グリップはクロスグリップ

ジョーダン・スピース選手のグリップは、右手と左手の位置が通常と逆になるクロスグリップです。

パターのグリップは種類も多く、4スタンス理論とは関係なく本人の感覚の問題といえます。

 

両肘をみぞおちに近づけるアドレス

ジョーダン・スピース13肘は曲げてみぞおちに近づけている

 

A1タイプの特徴は、両肘をみぞおちに近づけることです。

ジョーダン・スピース選手は、肘は軽く曲げた状態でみぞおちに近づけたアドレスを取っています。

 

ジョーダン・スピースは個性あるスイング

ジョーダン・スピース選手は、基本的にはA1タイプの動きに沿っています。

アドレスがA2寄りの姿勢になっていることと、ヒップターンの動きが独特であることが特徴です。

お尻を斜めに引く動きによって、インパクトゾーンを長くしておりフィニッシュからフォローの動きが個性的です。

インパクトからフィニッシュにかけて両腕を横に引いているように見えますが、ヒップターンの動きによってそう見えるだけです。

実際に横に引いているわけではありません。

ジョーダン・スピース選手のスイングは、ほぼA1タイプに忠実なスイングをしています。

インパクトからフォローの動きに個性が出ているスイングですのでA1タイプのお手本とは言い難いです。

 

ジョーダン・スピースのセッティング

ドライバー タイトリスト TS2

 

パター スコッティキャメロン 009

50万~100万円もします・・・

 

スコッティキャメロンのおすすめモデル

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。