A1タイプ

【4スタンス理論A1タイプ】松山英樹選手のスイング解説

松山英樹のスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A1タイプの松山英樹選手のスイング解説です。

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

A1タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

松山英樹選手のアドレス

ドライバーのアドレス

松山英樹のスイング1膝が前に出ており、見た目はBタイプのアドレス

 

A1タイプのアドレスは、みぞおち・膝・足首が一直線になります。

松山英樹選手のアドレスは、丹田(ヘソの下)と足首が一直線になるB2タイプに近いアドレスになっています。

おそらく、地面を力強く蹴るために大きく膝を曲げた結果、B2タイプに近いアドレスになっていると思われます。

 

アイアンのアドレスも同じくB2タイプに近い

松山英樹のスイング2A1とB2の中間アドレス

 

松山英樹選手は、アイアンもB2タイプに近いアドレスを取っています。

見た目はB2タイプに近いアドレスですが、実際はA1タイプのアドレス(みぞおち・膝・足首が一直線)から膝を深く曲げただけと言えます。

 

松山英樹選手のバックスイング

コックが遅いクロスタイプの特徴

松山英樹のスイング3コックが遅いクロスタイプのバックスイング

 

グリップを斜めに握るクロスタイプの選手は、コックが遅いことが特徴です。

松山英樹選手のバックスイングは、A1タイプのお手本となる動きです。

 

下半身の動きはAタイプ

松山英樹のスイング4右膝固定で、膝を大きく曲げているのが特徴

 

右膝をなるべく動かさずにバックスイングを行うのは、Aタイプの特徴です。

松山英樹選手の場合は、膝を大きく曲げて地面をしっかり踏ん張っています。

 

松山英樹選手の切り返し

パッシブトルク打法は少しだけ

松山英樹のスイング5切り返しで少しだけフェースを開いている

 

松山英樹のスイング6トップでフェースは開いていない

 

Aタイプの選手がパッシブトルク打法を行う場合、トップでフェースを開きます。

松山英樹選手は、トップではフェースは開いておらず、切り返しで少しだけ開く動きが見られます。

4スタンス理論とは関係ありませんが、パッシブトルク打法を積極的には取り入れていないスイングです。

誰でも出来る!パッシブトルク打法を4スタンス理論のタイプ別に解説

 

肘を動かさないAタイプのダウンスイング

Aタイプの特徴である、肘の動きを最小限にしたダウンスイングを行っています。

三角形をキープする、両肘を締めたままスイングするなどの表現をする動きです。

 

松山英樹選手のインパクト

Bタイプの特徴である右股関節前でインパクト

松山英樹のスイング7右手首が右股関節前でインパクトを迎えている

 

Aタイプの選手は、左手首が左膝(左股関節)前でインパクトを迎えます。

松山英樹選手の場合は、Bタイプの特徴である右手首が右股関節前でインパクトを迎えています。

Aタイプのスイングの中でインパクトだけBタイプにすることは、非常に難しい動きです。

アマチュアゴルファーがこのスイングをやると、フィニッシュからフォローでバランスを保つことが難しく、ショットも安定しなくなります。

松山英樹選手の強靭な下半身があってこそのスイングと言えます。

 

左足の動きはバランス型

松山英樹のスイング8左足はベタ足

 

松山英樹選手は、左足をベタ足の状態でフィニッシュを迎えます。

かかとかつま先が浮く選手が多いなか、ベタ足スイングは珍しいと言えます。

左足で地面を蹴る力と、お尻を後ろに引く力のバランスが取れていると言えます。

松山英樹選手は、右足で蹴る力が強いためバランス型の方が合うのかもしれません。

 

松山英樹選手のフィニッシュ

身体の軸が一直線になるフィニッシュ

松山英樹のスイング9インパクトゾーンが長い

 

左肩を支点にして身体が一直線になる綺麗なフィニッシュです。

インパクトが右股関節前なのに、フィニッシュではしっかりA1タイプの特徴に戻っています。

そのため、非常に長いインパクトゾーンを作っています。

これも、強靭な下半身がないと再現が難しい動きです。

 

フォローも綺麗な逆C字

松山英樹のスイング10綺麗な逆C字のフォロー

 

クロスタイプの特徴である、逆C字のフォローが綺麗に取れています。

※パラレルタイプ(A2,B1)は、真っ直ぐのI字になる。

選手によっては、I字と逆C字フォローの判断が難しい場合がありますが、背中が沿っているか伸びているか、頭が後ろに残っているか等で判断します。

 

松山英樹選手のパター

B2タイプに近い打ち方

松山英樹のスイング11この写真ではA1とB2の中間と言える

 

松山英樹選手は、パターの打ち方をよく変えます。

ほぼB2タイプの打ち方になったり、A1とB2の中間的な打ち方になったりします。

A1タイプのオーソドックスな打ち方になることは最近はありません。

松山英樹のスイング122013年。ほぼA1タイプのアドレスを取っている。

 

以前は、A1タイプのアドレスを取っていましたが徐々に変化していき、現在のB2寄りの打ち方になっています。

 

パターのスタンス幅は広め

松山英樹のスイング13パターのスタンス幅は腰幅にしている

 

松山英樹選手の特徴は、パターのスタンス幅が腰幅であること。

Aタイプの特徴は、スタンス幅は首幅でオーソドックスなアドレスを取ることです。

松山英樹選手のパターの打ち方は日々変化していますが、常に広めのスタンス幅です。

 

松山英樹選手のスイング

A1タイプのお手本にはならない難しいスイング

松山英樹のスイング14後ろから見ると下半身の大きさがよく分かる。

 

A1タイプのゴルファーなら、誰もが松山英樹選手をお手本にしたいところです。

しかし、松山英樹選手は非常に難しいスイングをしています。

AタイプとBタイプの動きが混在しており、再現するには強靭な下半身が必要です。

 

下半身の動きは参考にしたい

松山英樹選手の下半身の動きは、基本に忠実です。

スタンス幅を広めに取って、右足で大きく地面を蹴っています。

ヒップターンの動きも、地面を蹴る力とお尻を引く力のバランスが取れておりベタ足でフィニッシュを迎えます。

松山英樹選手ほどの下半身の強さがなくても、動きそのものは真似できますので下半身の動きはお手本にすることをおすすめします。

 

松山英樹選手のクラブセッティング

テーラーメイド M5(2019.04~)

松山英樹選手は、ドライバーを頻繁に変更する傾向があります。

2019年4月現在の使用ドライバーは、テーラーメイド M5です。

 

ドライバー キャロウェイ EPIC FLASH(2019.03まで)

フェアウェイウッド テーラーメイド M4

ユーティリティ(ハイブリッド) ピン(PING) G410

アイアン スリクソン Z965(2016年モデル)

松山英樹選手使用アイアン スリクソン Z965

2016年モデルにつき、現在在庫処分特価で購入するチャンスです!

ウェッジ クリーブランド 558 RTX2.0(2015年モデル)

松山英樹選手使用ウェッジ クリーブランド 588 RTX 2.0(2015年モデル)

2015年モデルにつき、現在在庫処分特価で購入するチャンスです!

クリーブランド RTX-4 【2018年モデル】

パター スコッティキャメロン GSS ニューポート2 タイムレス

一般価格では100万円前後の非常に高価なパターとなっています。

同じスコッティキャメロンのおすすめパターを紹介します。

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。