A1タイプ

【4スタンス理論A1タイプ】ゲーリー・ウッドランドのスイング解説

ゲーリー・ウッドランドのスイング解説

こんにちは。松山出身のヒデキです。

 

今回は、4スタンス理論A1タイプのゲーリー・ウッドランド選手のスイング解説です。

2019年、全米オープン優勝おめでとうございます!

一般的なスイング解説とは異なり、4スタンス理論のタイプ別の特徴に沿った分析になります。

A1タイプのゴルファー向けの解説となります。

 

ゲーリー・ウッドランドのアドレス

ドライバーのアドレス

ゲーリー・ウッドランド1A1タイプのアドレスが取れている

 

A1タイプのアドレスの特徴は、みぞおち・膝・足首が一直線になることです。

ゲーリー・ウッドランド選手のアドレスは、A1タイプの特徴が綺麗に出ています。

 

アイアンのアドレス

ゲーリー・ウッドランド2軽いつま先上がりでもA1タイプのアドレスが取れている

 

ゲーリー・ウッドランド選手は、アイアンのアドレスでもA1タイプの特徴が出ています。

写真は軽いつま先上がりの傾斜地ですが、綺麗なアドレスが取れています。

 

※傾斜地でのアドレスで、姿勢が大きく崩れる場合はパワーポジションが正しく取れていない可能性があります。

パワーポジションについての解説はこちら

【アドレスの基本#3】パワーポジションの構えとは?

 

ゲーリー・ウッドランドのバックスイング

右膝を動かさないAタイプの動き

ゲーリー・ウッドランド3右膝を動かさない下半身の動き

 

Aタイプの特徴は、膝をほとんど動かさないでバックスイングをします。

ゲーリー・ウッドランド選手も、ほぼ右膝を動かすことなくバックスイングをしています。

 

ゲーリー・ウッドランド4右膝を動かさずに地面を踏ん張っている

 

軽く膝を曲げることで、しっかりと地面を踏ん張ることが出来ます。

 

ゲーリー・ウッドランドの切り返し

トップでフェースは少しだけ開いている

ゲーリー・ウッドランド5トップでは少しだけフェースが開いている

 

トップでは、少しだけフェースが上を向いています。

ゲーリー・ウッドランド選手は、トップで少しフェースを開き、切り返しでも少しフェースを開く動きをしています。

 

切り返しでは右肘の動きでフェースを開いている

ゲーリー・ウッドランド6切り返しで右肘の動きが先行している

 

ゲーリー・ウッドランド選手は、切り返しで右肘を先行させるように動かしてフェースを開いています。

 

※Bタイプの肘の動かし方とは異なります。

Bタイプは、バックスイングから切り返しにかけて、大きく弧を描くように肘を動かします。

 

ゲーリー・ウッドランドのインパクト

ほぼ左膝の前でインパクトをむかえている

ゲーリー・ウッドランド7ほぼ左膝の前でインパクト

 

Aタイプの特徴は、左手首が左膝(左股関節)前でインパクトをむかえます。

ゲーリー・ウッドランド選手は、ほぼAタイプのインパクトが出来ていると言えます。

 

ヒップターンはお尻を引く動きを重視

ゲーリー・ウッドランド8ヒップターンでは、つま先が浮いている

 

ゲーリー・ウッドランド選手は、ヒップターンでお尻を引く動きを重視しています。

4スタンス理論には関係ありませんが、ヒップターンではお尻を後ろに引く動きと左足で地面を蹴る動きの2つの動作を同時に行います。

ジョーダン・スピースのヒップターンジョーダン・スピース選手(A1)と同じ動き

 

※地面を蹴る動きを重視すると、かかとが浮きます。

※2つの動きをバランスよくおこなうと、ベタ足インパクトになります。

 

 

ゲーリー・ウッドランドのフィニッシュ

インパクトゾーンが長いフィニッシュ

ゲーリー・ウッドランド10インパクトゾーンが長いフィニッシュ

 

クロスタイプの特徴は、インパクトゾーンが長いフィニッシュをとることです。

ゲーリー・ウッドランド選手も、インパクトゾーンが長く取れています。

※パラレルタイプは、インパクトゾーンが短く、点でボールをとらえるイメージになる

 

フォローは綺麗な逆C字

ゲーリー・ウッドランド9逆C字の綺麗なフォロー

 

クロスタイプの特徴は、フォローで逆C字になることです。

ゲーリー・ウッドランド選手も、綺麗な逆C字のフォローがとれています。

※パラレルタイプ(A2,B1)は、まっすぐのI字です。

 

ゲーリー・ウッドランドのパター

パターのアドレス

ゲーリー・ウッドランド11A1とA2の中間

 

ゲーリー・ウッドランド選手のパターのアドレスは、A1タイプとA2タイプの中間といえます。

 

両肘を締めてみぞおちに近づける

両肘を伸ばして、脇を締めたアドレスを取っています。

A1タイプは、両肘をみぞおちに近づけることで動きが安定します。

 

ゲーリー・ウッドランドはA1タイプのお手本

ゲーリー・ウッドランド選手のスイングは、A1タイプのお手本となるスイングです。

他のタイプの動きがほとんど見られず、個性的な身体の使い方もありません。

ヒップターンの動きは、お尻を後ろに引くことを重視していますので、アマチュアゴルファーはバランス型のヒップターンにするとスイングを安定させやすいです。

 

ゲーリー・ウッドランドのクラブセッティング

ドライバー テーラーメイド M3 440

 

パター スコッティキャメロン プロトタイプ

スコッティキャメロンのおすすめモデル

 

A1タイプにおすすめ!
WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」
【身体の使い方】を更に詳しく!

 

A1タイプのスポーツトレーナー小澤さんのWEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」の紹介です。

感覚的な表現を排除し、論理的に分かりやすくゴルフスイングを解説しています。

スイング解説は全ての人に分かりやすく解説されています。

身体の動かし方の細かなニュアンスを伝える場合はA1タイプの特徴が出ていますので、A1タイプの人に特におすすめするWEB動画レッスンです。

体験版レッスン無料キャンペーン中です!

 

WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」についての詳しい記事はこちら
4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。