4スタンス理論

【4スタンス理論】1タイプと2タイプのスイング特徴

4スタンス理論の1タイプと2タイプの特徴

今回は、「4スタンス理論」の中の1タイプと2タイプのゴルフスイングの特徴を解説します。

【4スタンス理論タイプ診断方法】ゴルフスイングのタイプをチェック!
【4スタンス理論の基本】AタイプとBタイプのスイング特徴
【4スタンス理論の基本】1タイプと2タイプのスイング特徴
【4スタンス理論の基本】クロスタイプとパラレルタイプのスイング特徴

 

まずは、あなた自身のタイプの特徴を確認してください。

もし余力があれば、あなたと異なるタイプの特徴も知っておいてください。

あなたと異なるタイプの動きをしても、違和感があったり、上手くいかなかったり、最悪の場合は怪我をすることになります。

異なるタイプの動きは、してはいけない動きです。

 

4スタンス理論1タイプのスイング特徴

1タイプの特徴

・人差し指メイン(薬指)
・太ももの内旋(外旋)
・腕の内旋(外旋)

※カッコ内は、2タイプの特徴です。

 

人差し指メイン

1タイプの握り方1タイプは人差し指と中指で持つと安定する

 

何かを持ったりつまむとき、人差し指と中指がメインになる。

人差し指と中指で持つと、安定するし力も出しやすい。

ゴルフスイングにおいて

グリップは、人差し指と中指の2本をメインに握る

 

太ももの内旋

A1タイプのアドレスA1タイプの太ももの動き

 

B1タイプのアドレスB1タイプの太ももの動き

 

イスから立ち上がったり股関節を内旋させるとき、太ももを内側に回す(内旋)とスムーズに動ける。

太ももを内側に回す動きは、両ヒザ(太もも)を近づける動き。

ゴルフスイングにおいて

ダウンスイングのとき、両ヒザを内側に向ける意識があるとスイングが安定し力を出しやすくなる。

 

腕の内旋

腕をグルグル回すとき、後ろから前へ回すほうが楽。

立位体前屈をするとき、腕を後ろから前へ回すと深く曲がる。

ゴルフスイングにおいて

アドレスに入るとき、腕を後ろから前へ回す動きをいれると、安定したアドレスをとれる。

4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

 

4スタンス理論2タイプのスイング特徴

2タイプの特徴

・薬指メイン(人差し指)
・太ももの外旋(内旋)
・腕の外旋(内旋)

※カッコ内は、1タイプの特徴です。

 

薬指メイン

2タイプの持ち方2タイプは薬指と中指で持つと安定する

 

何かを持ったりつまむとき、薬指と中指がメインになる。

薬指と中指で持つと、安定するし力も出しやすい。

ゴルフスイングにおいて

グリップは、薬指と中指の2本をメインに握る

 

太ももの外旋

A2タイプの足の動きA2タイプの太ももの動き

 

B2タイプの足の動きB2タイプの太ももの動き

 

イスから立ち上がったり股関節を内旋させるとき、太ももを外側に回す(外旋)とスムーズに動ける。

太ももを外側に回す動きは、両ヒザ(太もも)を左右に離す動き。

ゴルフスイングにおいて

スイング中、両ヒザを外側に向ける意識があるとスイングが安定し力を出しやすくなる。

 

腕の外旋

ジェイソン・デイ選手の腕の動きジェイソン・デイ選手(B2)の腕の動き

 

腕をグルグル回すとき、前から後ろへ回すほうが楽。

立位体前屈をするとき、腕を前から後ろへ回すと深く曲がる。

ゴルフスイングにおいて

アドレスに入るとき、腕を前から後ろへ回す動きをいれると、安定したアドレスをとれる。

 

4スタンス理論1タイプと2タイプのスイング特徴まとめ

1タイプと2タイプの違い

・「人差し指」か「薬指」か

・太ももの動きが、「内旋」か「外旋」か

・腕の動きが、「内旋」か「外旋」か

1タイプと2タイプでは、動きが真逆になります。

あなたと同じタイプの動きを身に付けてください。

 

そして、あなたと異なるタイプの動きは、あなたがやってはいけない動きです。

パフォーマンスの低下はもちろん、最悪の場合ケガの原因にもなりますので、覚えておくと便利です。

4スタンス理論A1タイプにおすすめ!WEB動画レッスン「ゴルフスイング物理学」

 

 

【4スタンス理論】を更に詳しく!

1.4スタンスゴルフ

ゴルフのための4スタンス理論DVD&書籍

 

2.モダン・ゴルフ

ベン・ホーガン著。A2タイプのバイブル的存在。

おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】
おすすめ動画レッスン【ゴルフスイング物理学】